@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

矢作川【やはぎがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢作川
やはぎがわ
愛知県中央部を貫流する川。全長 117km。長野,岐阜県境,木曾山脈南端部に発し,愛知,岐阜県境を南西流し,美濃三河高原岡崎平野を貫流して三河湾に注ぐ。上流部は花崗岩地帯であるため,勘八峡から下流部では砂の堆積が著しく,天井川となる。おもな支流は上村川,名倉川,明智川,巴川など。江戸~明治初期,中流部の越戸付近までは舟運でにぎわい,また古くから農業用水に利用された。第2次世界大戦前後は,岡崎付近で水車を利用したガラ紡工業が発達した。上流部では矢作ダムなど電開発が盛ん。現在の矢作川の下流は,水害を防ぐため慶長 10 (1605) 年に開削された人工水路で,かつての本流矢作古川と呼ばれる。流域に豊田市,岡崎市などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やはぎ‐がわ〔‐がは〕【矢作川】
木曽山脈南部に源を発し、南西に流れ、愛知県中部を貫流して知多湾に注ぐ川。長さ117キロ。明治期に岡崎市周辺で、がら紡の水車に利用され、明治用水もひかれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やはぎがわ【矢作川】
木曾山脈南部の(あずま)岳南斜面を源とし,愛知県の中央部を南流して三河湾に注ぐ川。幹川流路延長117km,全流域面積1830km2。上流山間地はほとんどが花コウ岩類からなり,多量に土砂を流出し,県内第3位の広さをもつ西三河平野(岡崎平野)を形成している。巴川,乙(おと)川など主要な支流は三河高原から西流して矢作川左岸に合流している。現在の矢作川の下流部は1605年(慶長10)に開削された人工の水路で,旧本流(矢作古川)は西尾市小島付近で分流し,吉良町を通って三河湾に達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢作川
やはぎがわ

愛知県西三河地方を北から南に貫流する川。源流は長野・岐阜両県の山地、途中は花崗(かこう)岩類の三河山地、岡崎平野を経て三河湾(衣ヶ浦(ころもがうら)湾)に注ぐ。延長117キロメートル、流域面積1830平方キロメートル。矢作古川(やはぎふるかわ)が旧本流であるが、1605年(慶長10)に人工開削によって現本流は衣ヶ浦湾に注ぐようになった。上流は山地、下流は岡崎平野、湾岸はノリ養殖の盛んな農漁村で、岡崎平野の豊田(とよた)、岡崎、刈谷(かりや)、安城(あんじょう)、西尾、碧南(へきなん)、知立(ちりゅう)、高浜の八都市は自動車産業を中心に工業の盛んな地域である。すなわち、上流は山村、下流は漁村、中間に工業都市という配置から厳しい水資源の問題を抱えている。明治期の矢作川は農業用水の給源で、「明治用水」「枝下用水(しだれようすい)」が開削され、碧海(へきかい)台地は二用水の通水によって約1万ヘクタールの水田と化した。

[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢作川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢作川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation