@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

矢作【ヤハギ】

デジタル大辞泉

や‐はぎ【矢作/矢×矧】
矢を矧(は)ぐこと。また、それを職業とする人。矢師。
「―をして箭(や)を作(は)がしむ」〈綏靖紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やはぎ【矢作】
三河国碧海郡(,愛知県岡崎市)の地名作川渡河点として古代以来交通の要地であった。催馬楽に〈矢作の市に沓買いにかむ〉とみえ,835年(承和2)に2隻から4隻に増加が命ぜられた官営渡船があった地点とみられる。12世紀中葉成立の三条女御領碧海荘に属したが,宿としても発展し,初見は1219年(承久1)である。承久の乱後三河守護,額田,設楽2郡と碧海,吉良2荘地頭となった足利義氏が設けられ,守護所や所領支配のための額田郡公文所がおかれて,中世的都市として発展をみた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢作
やはぎ
愛知県岡崎市の西部、矢作川右岸にある地区。旧矢作町。古くは矢矧とも書き、交通の要地で矢作川の渡しと市場により発達。現在も名古屋鉄道名古屋本線、国道1号が通じる。地名の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、自生竹で矢をつくらせ賊を退散させた故事による。また奥州へ下る源義経(よしつね)がこの地の長者の娘と一夜を契る『浄瑠璃姫(じょうるりひめ)物語』(十二段草子)の伝承地の一つ。[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation