@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

矢倉【やぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢倉
やぐら
軟質の岩山横穴状にうがった納骨施設。鎌倉室町時代に営まれた。鎌付近を中心に,三浦半島に多く密集している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やぐら【矢倉】
日本の中世に納骨や供養を目的とするため,山腹に掘り込まれた岩穴。〈やぐら〉という呼称は,中世の文献には岩屋岩殿岩屋殿などの名で呼ばれているものが相当すると思われ,近世になって矢倉,谷倉,,巌窟などの字をあてている。鎌倉を取り巻く丘陵にはきわめて多く存在するが,鎌倉を離れるとその分布となり,地域的特色をもつ。鎌倉時代に出現し,室町時代中ごろまで営まれたと考えられ,初期には7~8世紀の横穴墓の開口したものを利用した例もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢倉
やぐら
鎌倉時代中ごろより室町時代前半にかけて鎌倉地域(現神奈川県鎌倉市)を中心としてつくられた墳墓の一型式である。「矢倉」は宛字(あてじ)で、「窟」を鎌倉では江戸時代より「やぐら」と称呼してきている。
 鎌倉は、三方が山、一方が海の地形のため都市域が限定されている。そこで、山の斜面が墳墓地に選ばれ、斜面の凝灰岩(ぎょうかいがん)を横穴状に掘って「やぐら」が営まれた。形状は、古墳時代より平安時代にかけて築造された横穴墓と類似し、1辺2~4メートルの矩形(くけい)状の玄室に遺骸(いがい)・遺骨を埋葬し、あわせて被葬者供養(くよう)などのため石製の仏像・塔婆(とうば)が配された。
 現在、約1200基の存在が知られ、律宗教団との関係において出現し、以降、平地の墳墓堂にかわって一般化して発達したものと説かれている。初期のものは内部構造に木造建築の影響が認められている。[坂詰秀一]
『大三輪龍彦著『鎌倉のやぐら――もののふの浄土』(1977・かまくら春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢倉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢倉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation