@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

矢島楫子【やじま かじこ】

美術人名辞典

矢島楫子
女子教育家。熊本県生。矢島忠右衛門直明の六女、林七郎の日本基督教婦人矯風会会長を務め、又女子教育尽力した。従五位勲五等に叙せられる。大正14年(1925)歿、93才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

やじま‐かじこ〔‐かぢこ〕【矢島楫子】
[1833~1925]女子教育家。肥後の生まれ。女子学院の初代院長をつとめ、キリスト教に基づいた教育を行った。明治26年(1893)日本基督教婦人矯風会設立して会長となり、婦人運動・社会改良事業に尽くした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

矢島楫子 やじま-かじこ
1833-1925 明治-大正時代の教育者,社会事業家。
天保(てんぽう)4年4月24日生まれ。徳富蘇峰・蘆花(ろか)の母久子の。酒乱の夫と離婚,明治5年上京し,教員伝習所でまなび小学校教員となる。22年女子学院院長に就任。19年東京婦人矯風会,26年日本基督教(キリストきょう)婦人矯風会を組織して会頭をつとめ,廃娼(はいしょう)・禁酒運動を展開した。大正14年6月16日死去。93歳。肥後(熊本県)出身。初名は勝(かつ)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やじまかじこ【矢島楫子】
1833‐1925(天保4‐大正14)
女子教育者,社会改良家。熊本県出身。徳富蘇峰,徳冨蘆花の叔母で,熊本女学校長であった竹崎順子の妹。酒乱の夫と35歳で離婚,1872年(明治5)上京,教員伝習所で学び桜川小学校に奉職したが,78年新栄女学校に移り翌年受洗。80年桜井女学校長,89年女子学院長となり,1914年までミッション系女学校の教育に尽力した。1886年の万国婦人禁酒会遊説員レビット夫人の来日を機に,同年暮,東京基督教婦人矯風会を設立,93年には日本基督教婦人矯風会を組織してその会頭となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やじまかじこ【矢島楫子】
1833~1925 女子教育家。肥後の生まれ。1893年、日本基督教婦人矯風会を創立。禁酒・矯風のために尽くした。女子学院の初代校長。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢島楫子
やじまかじこ
[生]天保3(1832).熊本
[没]1925.6.16.
日本基督教婦人矯風会の創立者。安政5 (1858) 年隣村の林七郎の後妻に入る。明治1 (68) 年夫の酒乱と暴力に耐えかね矢島家に復帰。同5年上京し,教員伝習所に学び翌年芝桜川小学校に奉職。 1877年築地新栄女学校舎監教諭に就任。 80年新栄女学校と桜井女塾の合併でできた桜井女学校校長となる。同年 12月 D.タムソンより受洗。 86年東京基督教婦人矯風会が発足し会頭に就任。 88年女子学院院長。このときから 82歳で引退するまで女子教育に貢献。 93年日本基督教婦人矯風会が組織され初代会頭に就任し,婦人団体の社会活動に尽力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢島楫子
やじまかじこ
(1833―1925)
女子教育者、社会改良家。天保(てんぽう)4年4月24日熊本藩総庄屋の家に生まれる。25歳で結婚、1男2女をもうけたが、35歳のとき離婚して矢島家に帰る。1872年(明治5)上京、40歳にして教員伝習所に学び、1876年新栄女学校教師となり、翌1877年受洗。1889年桜井女学校、新栄女学校が合併して女子学院となるや院長に就任、1914年(大正3)退職までキリスト教に基づいた教育によって多くの子女を訓育した。東京婦人矯風会(きょうふうかい)(1886)、日本キリスト教婦人矯風会(1893)を組織して会長となり、第7回矯風会世界大会(1906)に出席のため渡米し、ルーズベルト大統領に会見するなど、女性運動、社会改良事業に尽力。その姉には、順子(1825―1905。竹崎茶堂(たけざきさどう)(1812―1877)の妻で熊本女学校校長を務めた)、久子(1829―1919。徳富一敬(とくとみいっけい)(1822―1914)の妻で蘇峰(そほう)・蘆花(ろか)の母)、つせ子(1831―1894。横井小楠(よこいしょうなん)の妻)があり、矢島家の四姉妹としてつとに名高い。大正14年6月16日没。[小股憲明]
『守屋東著、日本基督教婦人矯風会編『矢島楫子』(1923・婦人新報社) ▽久布白オチミ編『矢島楫子伝』(1956・日本基督教婦人矯風会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やじま‐かじこ【矢島楫子】
教育家。熊本県出身。キリスト教主義の女子学院の院長をつとめ、終生女子教育に尽力。また、明治二六年(一八九三)日本基督教婦人矯風会を組織して、婦人の地位向上に貢献した。天保四~大正一四年(一八三三‐一九二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

矢島楫子
やじまかじこ
1833〜1925
明治・大正時代の教育家・婦人運動家
肥後(熊本県)の生まれ。夫の酒乱が原因で離婚後,キリスト教の洗礼をうけた。女学校で女子教育にあたり,女子学院初代院長となった。1886年東京婦人矯風会の創立に参加してその会頭となり,禁酒・廃娼運動,娼婦救済などに尽力した。万国矯風会大会に出席するなど国際的にも活躍した。徳富蘇峰・蘆花兄弟の叔母。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢島楫子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢島楫子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation