@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

矢立峠【やたてとうげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢立峠
やたてとうげ
青森・秋田両県の県境にある標高 258m。羽州街道 (国道7号線) が越え,JR奥羽本線はこの峠の下を通過する。峠の北方碇ヶ関,南に陣場などの集落がある。近くに湯ノ沢,日景,矢立などの温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢立峠
やたてとうげ
宮崎県南部,鰐塚山地中部にある峠。標高 680m。宮崎市三股町日南市境界の鰐塚山山頂の南方約 3.5kmにある。広渡川のと,都城盆地大淀川支流の沖水川の谷とを結ぶ昔からの重要な交通路。日南市と都城市を結ぶ県道が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やたて‐とうげ〔‐たうげ〕【矢立峠】
青森・秋田両県の県にある峠。標高258メートル。白神山地東端に位置し、青森県側に流れる平川と秋田県側に流れる下内川との分水嶺になっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やたてとうげ【矢立峠】
秋田県大館市と青森県碇ヶ関(いかりがせき)村の境にある羽州街道(国道7号線)の峠。標高258m。米代川支流下内川と,岩木川支流平川の分水界で,付近一帯は秋田杉の美林である。下内川先端の沢目に矢立温泉(赤湯),日景温泉,平川上流には相乗(あいのり)温泉,湯ノ沢温泉がある。峠は羽州街道の難所で,吉田松陰はそのようすを《東北遊日記》に記している。1821年(文政4)南部藩士相馬大作らが参勤の津軽藩主を襲おうとした事件の舞台ともなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢立峠
やたてとうげ

青森県平川市(ひらかわし)と秋田県大館市(おおだてし)の県境にある峠。標高258メートル。国道7号(羽州街道)がこの峠を越え、北西方を奥羽本線が矢立トンネルで抜けている。江戸時代は弘前(ひろさき)・秋田両藩の藩境で、青森県側の峠下には碇ヶ関番所(いかりがせきばんしょ)が置かれた。当時の街道は現在の国道の西寄りにあり、1821年(文政4)檜山騒動(ひやまそうどう)の主謀者相馬大作(そうまだいさく)(下斗米秀之進(しもとまいひでのしん))が参勤交代帰途の弘前藩主津軽寧親(やすちか)を襲ったのは峠付近であったという。峠一帯は杉の美林で知られ、また青森県側に相乗(あいのり)、湯の沢、秋田県側に矢立、日景(ひかげ)の各温泉がある。

[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢立峠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢立峠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation