@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

矢野恒太【やのつねた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢野恒太
やのつねた
[生]慶応1(1865).12.2. 岡山
[没]1951.9.23. 東京
実業家。生命保険事業先駆者。 1889~92年,日本生命保険会社に保険医として勤務。利益があれば被保険者に還元する「非射利主義」的生命保険事業を志し,94年安田善次郎の支持を得て,共済生命保険合資会社設立。その後 1902年第一生命保険相互会社を設立し,15年9月に社長,38年会長。保険事業のパイオニアとしての功績が大きい。著書『ポケット論語』 (1907) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

矢野恒太 やの-つねた
1866*-1951 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応元年12月2日生まれ。ドイツで保険制度をまなび,農商務省にはいって保険業法の制定につくす。明治35年日本初の相互保険会社である第一生命保険を創立し専務,のち社長,会長。昭和2年刊の「日本国勢図会(ずえ)」は年鑑として今日までひきつがれている。昭和26年9月23日死去。85歳。備前(岡山県)出身。第三高等中学校医学部(現岡山大)卒。著作はほかに「生命保険」「国民数表」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やのつねた【矢野恒太】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢野恒太
やのつねた
(1866―1951)

大正・昭和前期の実業家。相互会社による生命保険の先駆者。岡山県出身。第三高等中学校(岡山大学の前身)医学部卒業後、保険医を経て共済生命保険の支配人となり、ドイツに留学して、生命保険業は相互会社として経営さるべきものとの信念をもつ。帰国後、農商務省に入り、保険業法の制定(1900)に尽力し、退官して自ら1902年(明治35)第一生命保険相互会社を創立、専務取締役となる。のち1915年(大正4)社長。同社の成功によって相互会社による生命保険の長所が立証された。『論語』による経営理念の普及、結核の予防、郊外住宅地(田園調布)の開発などにも貢献した。また、著作も多く、中でも統計データブック『日本国勢図会(ずえ)』(1927)はその後も財団法人矢野恒太記念会によって刊行が続けられている。

[由井常彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢野恒太」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢野恒太の関連情報

関連キーワード

南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)エイブラハムリンカングラッドストンジョンソンテーヌブースクーランコーツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation