@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

知念城【ちねんじょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

知念城
ちねんじょう
沖縄県南城(なんじょう)市知念にある城跡で、一般には知念杜(もり)グスクの名で知られる。美しい城壁と拱門(きょうもん)(アーチ型の門)がよく保存されており、沖縄を代表する石造建築の一つに数えられている。しかし、「城」の字がつくとはいっても城塞(じょうさい)ではなく、城内の東側にある岩山(これが本来のグスク)を御神体とする祭祀(さいし)場である。とくに聖地久高(くだか)島への遙拝(ようはい)所として重要な宗教施設。琉球(りゅうきゅう)王国時代には最高の神女職聞得大君(きこえおおきみ)の就任に伴う儀礼「御新下(おあらお)り」の際の巡拝コースの一つに数えられていた。国指定史跡。[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知念城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

知念城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation