@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

短期金利【たんききんり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

短期金利
たんききんり
short-term interest rate
償還期限までの期間が短い金利の総称。一般に期間 1年以内の金融取引に基づく資産,負債の金利。日本銀行が金融政策上の金融調節で採用している銀行間取引の無担保コールレート,手形金利が代表的。市中銀行短期資金の取り引きでは,東京市場の銀行間資金取引金利 TIBOR; Tokyo InterBank Offered Rateもある。一方,市中銀行と一般企業との取り引きでは短期プライムレートが短期貸出金利の基盤金利となっている。そのほか,債券現先レート,譲渡性預金 CDレートも短期金利に属する。(→長期金利

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

短期金利
短期金利とは短期の資金貸借に適用される金利。具体的には、コールレート、CDレート、現先レート、手形割引率、短期プライムレート等。長期金利とは長期の資金貸借に適用される金利。具体的には長期国債事業債等の利回り長期プライムレート等。両者の区分は、1年以内のものを短期、1年超のものを長期とするのが一般的である。一般に長期金利は短期金利よりも高めに設定されるが、経済動向等によっては逆転現象が起こることもある。また、特に短期(長期)貸出金利といった場合は、民間金融機関による貸出金利を指す。なお、プライムレートとは、一般に、短期・長期貸出金利のうち、最も信用力のある企業に対する最優遇貸出金利のこと。
(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

たんき‐きんり【短期金利】
1年以内の預金債券コマーシャルペーパー(CP)などに適用される金利。日本では日本銀行公開市場操作を通じて調節を行う無担保コール翌日物金利(コールレート)が代表的指標とされ、他の短期金利に影響を与える。→長期金利

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんききんり【短期金利】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんききんり【短期金利】
期間が一年未満の金融取引などに適用される金利。 → 長期金利

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

短期金利
たんききんり
short-term interest rate
家計、企業、金融機関、政府などが、取引期間が1年未満の資金の貸し借りをした場合に適用される金利。普通預金金利や期間1年未満の定期預金金利のほか、短期国債、コール、コマーシャルペーパー(CP)、譲渡性預金(CD)、レポ取引市場の金利などが該当する。一般に景気がよく物価が上昇する局面では短期金利は上昇し、景気が悪く物価が下落する局面では低下する傾向がある。また短期金融市場の資金量が増えれば短期金利は低下し、資金量が減れば上昇する傾向がある。このため主要国の中央銀行は、公開市場操作(オペレーション)で短期金融市場への資金量を調整し、短期金利を政策的に誘導している。すなわち景気が悪く物価が低下する局面では、中央銀行が市場から国債や手形などを買い取って市場に資金を供給し、短期金利の低下を促して景気を刺激する。反対に景気が過熱気味で物価が上昇する局面では、中央銀行は市場に国債や手形を売り出して市場の資金を吸収し、短期金利の上昇を促して景気過熱を防ぐ。
 日本では、銀行間の資金融通を行うコール市場において、無担保で翌日には返済される資金のやりとりに適用される無担保コール翌日物金利が、日本銀行によって誘導目標金利(政策金利)とされてきた。しかし同金利がデフレ下でほぼ0パーセントから変動しないため、金利引下げによる金融緩和には限界があった。そこで2013年(平成25)4月、日本銀行総裁の黒田東彦(くろだはるひこ)(1944― )は政策目標を資金供給量の指標であるマネタリーベースとする量的緩和策に切り替えた。
 なお、短期金利の国際指標には、イギリス銀行協会が集計・公表しているロンドン銀行間取引金利(LIBOR(ライボー))があり、企業向け融資や個人向けローンの金利の目安として活用されている。日本では全国銀行協会(全銀協)が東京銀行間取引の短期金利「全銀協TIBOR(タイボー)(Tokyo InterBank Offered Rate)」を集計・公表している。なお返済までの期間が1年を超える場合に適用される金利を長期金利という。一般に、返済までの期間が短いほど資金が返ってくる可能性が高まるため、長期金利より短期金利のほうが低くなる。しかしヨーロッパ債務危機などのような金融危機時には、遠い将来よりも近い将来の返済への警戒感が強まり、長短金利が逆転する現象が起きることがある。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんき‐きんり【短期金利】
〘名〙 短期資金の金利。コール、手形割引、手形貸付などの利率がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短期金利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

短期金利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation