@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

短期金融市場【たんききんゆうしじょう】

朝日新聞掲載「キーワード」

短期金融市場
金融機関が短期資金を貸し借りする市場。当日借りて翌日返す「翌日物」の金利短期金利指標となる。主要国の中央銀行は、短期金利をコントロールすることで中長期の金利にも影響を与え、物価景気調整する。中央銀行は短期金融市場で金融機関の持つ国債証券などを買い入れたり売り戻したりして資金量を調整、短期金利を誘導する。
(2007-08-15 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たんききんゆう‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【短期金融市場】
返済期間が1年以下の短期資金を調達・運用する取引が行われる金融市場の総称。参加者が金融機関に限定されるインターバンク市場と、譲渡性預金CD)・コマーシャルペーパー(CP)・割引短期国債(TB)・政府短期証券(FB)などを扱い一般企業も参加できるオープン市場がある。→長期金融市場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

短期金融市場
期間1年未満の金融取引が行われる市場、マネーマーケットとも呼ばれる。金融機関や一般の事業法人が資金を調達する場で、日本銀行が公開市場操作などを行って金融を調節する場にもなる。

出典:(株)マネーパートナーズ

FX用語集

短期金融市場
期間1年未満の金融市場(マネー・マーケット)。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんききんゆうしじょう【短期金融市場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

短期金融市場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

短期金融市場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation