@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

短距離秩序【たんきょりちつじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

短距離秩序
たんきょりちつじょ
short range order
強磁性体はキュリー温度以下では各原子磁気モーメント方向がそろい,自発磁化をもつ。これは磁性体全体に広がった秩序であるから,長距離秩序と呼ばれる。強磁性体温度を下げていってキュリー温度に近づけると,部分的な小さい領域内の原子の磁気モーメントの方向がそろいはじめる。この小領域は次第に大きくなり,その内部に着目するかぎりではキュリー温度以下とさほど変らない秩序状態が実現している。これを短距離秩序といい,強磁性体の場合に限らず,一般に相転移を起す直前の状態として観測される。たとえば,気相から液相への転移でも,液化温度の直上で局所的にすでに液相部分がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短距離秩序」の用語解説はコトバンクが提供しています。

短距離秩序の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation