@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石上神宮【いそのかみじんぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石上神宮
いそのかみじんぐう
奈良県天理布留にある,もと官幣大社。「記紀」の神武天皇東征神話に登場する布留御魂 (布都御魂〈ふつのみたま〉とも書く) を祀る。国家鎮護神または氏神として,物部氏 (のちの石上氏) が代々祭祀にあたった。垂仁天皇のとき,剣 1000振りを奉納するなど,武器に関する伝承が多い。これは大和朝廷軍事を担当したという伝承をもつ物部氏の氏神であったためと思われる。嘉祥3 (850) 年,正三位。貞観9 (867) 年,正一位の神階を授与され,大和随一の神社で二十二社の一つ。社宝には,日本最古の銘文をもつ国宝七支刀 (しちしとう) などがあり,拝殿 (国宝) の後方の禁足地からは,長期にわたる祭祀遺跡が発掘された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いそのかみ‐じんぐう【石上神宮】
天理市布留町にある神社。祭神布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)。拝殿は国宝。石上振神宮。布留社(ふるのやしろ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

石上(いそのかみ)神宮
△奈良県天理市▽にある神社。延喜式内社。祭神は布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、五十瓊敷命(いにしきのみこと)、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)、白河天皇、市川臣命(いちかわのおみのみこと)。拝殿、七支刀などは国宝に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いそのかみじんぐう【石上神宮】
奈良県天理市に鎮座。古くは石上坐布留御魂(いそのかみにますふるのみたま)神社,また布都(ふつ)御魂神社,布瑠社などともよばれた。布都御魂大神をまつる。布都御魂大神は,またの名を甕布都(みかふつ)神,佐士布都(さじふつ)神ともいい,神武天皇が大和へ入るにあたって,熊野にあったとき,天照大神の命令で武甕槌(たけみかづち)神が天より下した神剣韴霊(ふつのみたま)の霊のことと伝える。神武天皇即位ののち物部(もののべ)氏の祖宇摩志麻治(うましまじ)命に命じて宮中でまつらせ,のち崇神天皇のとき,物部氏の伊香色雄(いかしこお)命に命じて現在地に移しまつらせたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いそのかみじんぐう【石上神宮】
奈良県天理市にある神社。祭神は布都御魂ふつのみたまの剣。国宝七支刀を所蔵。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石上神宮
いそのかみじんぐう
奈良県天理市布留(ふる)町布留山に鎮座。布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)を主神に、布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、五十瓊敷命(いにしきのみこと)、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)、白河(しらかわ)天皇、市川臣命(いちかわのおみのみこと)を祀(まつ)っている。記紀によると、神武(じんむ)天皇即位元年、建国にあたって功績のあった天剣の威霊を布都御魂大神として宮中に奉祀(ほうし)したが、その後の崇神(すじん)天皇7年11月、物部(もののべ)の祖、伊香色雄命(いかがしこおのみこと)が勅により布留御魂大神を、石上布留高庭(たかにわ)の地に移し祀ったのを当宮の初めとする。以来、物部氏歴代の奉仕するところとなり、垂仁(すいにん)天皇39年に五十瓊敷命が剣1000口をつくり、神倉(ほくら)に納めた。神戸(かんべ)については、『続日本紀(しょくにほんぎ)』に神封50戸、『新抄格勅符抄』に80戸とある。867年(貞観9)に神階正一位、延喜(えんぎ)の制では名神(みょうじん)大社に列し、祈年(としごい)、月次(つきなみ)、相嘗(あいなめ)、新嘗(にいなめ)の祭にあずかった。平安末期には、鎮魂祭のために白河天皇が宮中の神嘉殿(しんかでん)を寄進した。中世期には、武士乱入により社頭の破壊や、社禄(しゃろく)の没収などにあった。また御神体の布都御魂剣(つるぎ)は、いつの世か拝殿背後に埋められ、長い間その場所は禁足地とされてきた。1874年(明治7)に禁足地は発掘され、玉類、武具、装飾具など多数の宝物類が発見された。旧官幣大社。例祭は10月15日で、白河天皇の勅使参向に起源するものという。6月30日に神剣渡御祭、10月1日に榜示浚(ぼうじさらえ)神事、10月22日に鎮魂祭、玉の緒(たまのお)祭などが行われる。
 拝殿、摂社出雲建雄(いずもたけお)神社拝殿、百済(くだら)王が奉ったと伝える七支刀(ななつさやのたち)が国宝に、楼門、禁足地出土品、鉄楯(てつじゅん)、色々威(いろいろおどし)腹巻などが国の重要文化財に指定されており、その他多くの文化財がある。[落合偉洲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いそのかみ‐じんぐう【石上神宮】
奈良県天理市布留町にある神社。旧官幣大社。主祭神布都御魂(ふつのみたま)大神は神武天皇の東征の時、建御雷(たけみかずち)神が高天原から降したと伝えられる神剣。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)、丹塗(にぬり)で、七支刀(七枝刀(ななさやのたち))と共に国宝。布留社。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

石上神宮
いそのかみじんぐう
奈良県天理市にある神社。物部 (もののべ) 氏(のち石上氏)の氏神
神武天皇の大和平定のおり献ぜられたという布都御魂剣 (ふつのみたまのつるぎ) を祭る。武器に関する伝承が多く,大和政権武器庫といわれ物部氏が管理した。この社所蔵の七支刀 (しちしとう) は有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石上神宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石上神宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation