@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石井流【いしいりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石井流
いしいりゅう
能楽大鼓方流儀名。流祖は,秀吉から 700石の知行を受けた名手樋口久左衛門の門人石井庄左衛門滋長。代々京都に居住し,加賀藩尾張藩に仕えた。 10世石井一斎 (文政 10〈1827〉~1899.1.21.) は高安流の清水然知,葛野流津村又喜とともに大鼓の三名人と称された。一斎没後宗家は断絶。現在は,谷口正喜が宗家代理をつとめ,京都と名古屋とで活動を続ける。手組の数が現行流儀のなかで最も多く複雑で,他流にない古態を部分的に伝承している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いしい‐りゅう〔いしゐリウ〕【石井流】
能の大鼓(おおつづみ)方流派の一。安土桃山時代高安流を学んだ石井庄左衛門滋長(しげなが)を流とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

石井流
日本舞踊の流派のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしいりゅう【石井流】
能楽大方の流儀の一つ。現在,能楽協会に7名の役者が登録され,京都と名古屋で活躍している。この流儀は革を強くほうじたり調緒(しらべお)をきつく締めたりせず,また指皮をはめないで打つことをたてまえとしているので音が柔らかい。現在でも4種類の音色をきちんと打ち分けている唯一の流儀で,ところどころに古い手組(リズムパターン)や掛声を残している。手組数は現行流儀中一番多く,曲ごとに種々の替の手組を使用するのではたいへん複雑になっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしいりゅう【石井流】
能の大鼓おおつづみ方五流派の一。高安流の流れをくむ。流祖は安土桃山時代の石井庄左衛門滋長しげなが

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いしい‐りゅう いしゐリウ【石井流】
〘名〙 能楽の囃子方(はやしかた)、大鼓役(おおつづみやく)の一流。葛野(かどの)流から出て、石井庄左衛門を祖とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石井流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation