@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石原裕次郎【いしはらゆうじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石原裕次郎
いしはらゆうじろう
[生]1934.12.28. 神戸
[没]1987.7.17. 東京
映画俳優。 1956年日活映画太陽季節』に初出演,以来若者たちの間で人気スターとなった。 63年には石原プロを創立。俳優の養成,テレビ映画の制作などに活躍した。おもな主演作品『狂った果実』 (1956) ,『俺は待ってるぜ』 (57) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いしはら‐ゆうじろう〔‐ユウジラウ〕【石原裕次郎】
[1934~1987]映画俳優歌手兵庫の生まれ。芥川賞作家石原慎太郎。映画「太陽の季節」でデビュー。「狂った果実」「嵐を呼ぶ男」などで一躍スターとなる。歌手としても「銀座物語」などの主題歌や「夜霧よ今夜も有難う」などで人気を博した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石原裕次郎 いしはら-ゆうじろう
1934-1987 昭和時代後期の映画俳優。
昭和9年12月28日生まれ。昭和31年兄石原慎太郎原作の「太陽の季節」で日活からデビュー。つづく「狂った果実」「乳母車」でブームをよび,33年「嵐を呼ぶ男」の記録的ヒットでスターとなる。35年相手役の北原三枝と結婚。歌手としても「銀座の恋の物語」などの主題歌で人気を博した。38年石原プロを設立,後年はテレビで活躍。昭和62年7月17日死去。52歳。兵庫県出身。慶大中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いしはらゆうじろう【石原裕次郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしはらゆうじろう【石原裕次郎】
1934~1987 映画俳優。神戸生まれ。「太陽の季節」でデビュー、「嵐を呼ぶ男」などで新しい時代のヒーローとしての地位を獲得。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石原裕次郎
いしはらゆうじろう
(1934―1987)
映画俳優。兵庫県生まれ。慶応義塾大学中退。在学中の1956年(昭和31)兄の石原慎太郎(しんたろう)の小説を映画化した『太陽の季節』でデビューし、昭和30年代の若者風俗を象徴する「太陽族」の名とともに一躍有名になる。同年『狂った果実』に主演し、スターにのしあがった。1957年『嵐を呼ぶ男』は空前のヒット。長い脚と甘さの中に野性味をたたえた容貌(ようぼう)で、新しいタイプのヒーローとして圧倒的な支持を得て、日活のドル箱スターとなった。低音で歌う歌も『俺は待ってるぜ』『銀座の恋の物語』『赤いハンカチ』『夜霧よ今夜も有難う』などと次々にヒットさせ一時代を画し、1967年にレコード大賞特別賞を受賞した。1963年石原プロモーションを設立し社長となり、同年の芸術祭賞の『太平洋ひとりぼっち』、1968年『黒部の太陽』などを製作し野心作を生み出した。1972年テレビ映画『太陽にほえろ!』に出演し、茶の間でも人気スターとして注目を浴びた。1987年7月17日没。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石原裕次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石原裕次郎の関連情報

関連キーワード

清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation