@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石坂洋次郎【いしざか ようじろう】

美術人名辞典

石坂洋次郎
小説家。青森県生。慶大国文科卒。同郷の葛西善蔵に師事。教職時代に『若い人』『麦死なず』で文壇に認められ、作家活動に専念戦後青い山脈』『石中先生行状記』で国民的流行を得る。他『合唱』『は花ざかり』『陽のあたる坂道』『光る海』等。昭和61年(1986)歿、86才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

いしざか‐ようじろう〔‐ヤウジラウ〕【石坂洋次郎】
[1900~1986]小説家。青森の生まれ。教職のかたわら「若い人」を発表し、作家的地位確立小説青い山脈」「石中先生行状記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石坂洋次郎 いしざか-ようじろう
1900-1986 昭和時代の小説家。
明治33年1月25日生まれ。郷里青森県などでの教職時代に「若い人」「麦死なず」で文壇にみとめられる。昭和14年から東京で執筆に専念する。22年新聞小説「青い山脈」,翌年の「石中先生行状記」で国民的な人気をえた。昭和61年10月7日死去。86歳。慶大卒。作品はほかに「丘は花ざかり」「陽のあたる坂道」など。
格言など】人は真理のみでは生きられない(「麦死なず」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いしざかようじろう【石坂洋次郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしざかようじろう【石坂洋次郎】
1900~1986 小説家。青森県生まれ。慶大卒。「若い人」で作家の地位を確立。「青い山脈」「陽のあたる坂道」など青春ものを多く発表。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石坂洋次郎
いしざかようじろう
[生]1900.7.25. 弘前
[没]1986.10.7. 伊東
小説家。 1925年慶應義塾大学国文科卒業。郷里に帰り青森,秋田で女学校の教師を続けながら,『海をみに行く』 (1927) ,『炉辺夜話』 (27) ,『外交員』 (29) ,『金魚』 (33) などを発表して好評を得,青春小説の秀作として愛読される『若い人』 (33~37) ,および壊滅寸前の当時の左翼運動を批判して問題を投じた『麦死なず』 (36) により作家的地位を確立。第2次世界大戦後は,解放された素朴で健康な青春の賛歌を綴った『青い山脈』 (47) ,土着的なエロチシズムのあふれる地方庶民生活を描いた『石中先生行状記』 (48) で流行作家として復帰した。その後『丘は花ざかり』 (52) ,『山と川のある町』 (56) ,『 (ひ) のあたる坂道』 (56~57) ,『あじさいの歌』 (58~59) ,『のほとり』 (61) などの新聞小説を執筆。『水で書かれた物語』 (65) では異常な近親相姦を扱い,主題の深刻さが注目された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石坂洋次郎
いしざかようじろう
(1900―1986)
小説家。明治33年1月15日(戸籍上は7月25日)青森県弘前(ひろさき)市に生まれる。旧制弘前中学校を経て1919年(大正8)慶応義塾大学文学部予科に入学。21年同郷の今井うらと結婚。25年大学を卒業、まもなく郷里の弘前高等女学校に奉職。のち秋田県立横手高等女学校から県立横手中学校へ転任、通算13年間の教員生活を勤め、かたわら創作に専念する。処女作『海をみに行く』(1927)以後『三田文学』をおもな発表舞台としたが、33年(昭和8)5、6月の『若い人』によって作家的地位を確立。この完成は「出来るだけ一般の人々を喜ばせる」(『短い感想』)ことを目的とする石坂文学の開花を意味した。『麦死なず』(1936)、『何処(いずこ)へ』(1941)を経て第二次世界大戦後は、『青い山脈』(1947)、『陽(ひ)のあたる坂道』(1956~57)、『光る海』(1963)等の新聞小説に成功、映像化された作品も多い。これら「青春もの」といわれる諸作品は、無遠慮な口をきくが、相手に毒を感じさせない人物を登場させ、露骨でありながら、不潔感を抱かせない性描写を含む、という点で共通する。『わが日わが夢』(1946)、『石中先生行状記』(1948~54)等の異色作もある。昭和61年10月7日没。[森 英一]
『『石坂洋次郎文庫』全20巻(1966~67・新潮社) ▽森英一著『石坂洋次郎の文学』(1981・創林社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いしざか‐ようじろう【石坂洋次郎】
小説家。青森県生まれ。慶大卒。第二次大戦前「若い人」「麦は死なず」の二長編で作家的地位を確立、その健全な常識に立った青春性、庶民性が広く受け入れられた。作品「青い山脈」「石中先生行状記」「陽のあたる坂道」など。明治三三~昭和六一年(一九〇〇‐八六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石坂洋次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石坂洋次郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation