@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石塚友二【いしづか ともじ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石塚友二 いしづか-ともじ
1906-1986 昭和時代の俳人,小説家。
明治39年9月20日生まれ。大正13年上京,横光利一に師事する。昭和12年石田波郷らと句誌「鶴」を創刊,波郷の没後は同誌を主宰した。昭和61年2月8日死去。79歳。新潟県出身。本名は友次。著作に句集「方寸虚実」,短編集「松風」など。
【格言など】別れ路や虚実かたみに冬帽子(「方寸虚実」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石塚友二
いしづかともじ
(1906―1986)

俳人、小説家。新潟県に生まれる。1924年(大正13)上京して横光利一(よこみつりいち)に師事し、小説家を志し、42年(昭和17)発表の『松風』が芥川(あくたがわ)賞候補になり、翌年池谷信三郎賞を受賞。俳句は石田波郷(はきょう)主宰『鶴(つる)』(1937創刊)の選者となり、69年波郷没後は同誌を主宰。句集『方寸虚実』(1941)などがあり、実生活に即した古典的律格の句に特色がある。

[伊澤元美]

 別れ路や虚実かたみに冬帽子

『『石塚友二句集』(1979・白凰社)』『山本健吉著『現代俳句 上』(角川新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石塚友二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石塚友二の関連情報

関連キーワード

灰谷健次郎ジャーマン日本郵便制度史(年表)[各個指定]工芸技術部門今西祐行児童雑誌[各個指定]芸能部門アイゼンマン木村敏桑原史成

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation