@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石山寺縁起【イシヤマデラエンギ】

デジタル大辞泉

いしやまでらえんぎ【石山寺縁起】
鎌倉後期から江戸中期にかけて作られた全7巻33段の絵巻物石山寺創建の縁起と、本尊観音菩薩霊験譚(れいげんたん)を描く。本文成立は正中年間(1324~1326)であるが、絵の制作年次は、第1~3巻は高階隆兼(たかしなたかかね)の画風に似て最も古く、第5巻もほぼ同時期、第4巻は明応6年(1497)土佐光信筆、第6、7巻は江戸時代、谷文晁(たにぶんちょう)筆。重要文化財

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしやまでらえんぎ【石山寺縁起】
石山寺の草創と本尊観音菩薩の数々の霊験を物語る7巻の絵巻。石山寺蔵。観音の三十三応化身にちなみ,全33段に構成されている。開基良弁(ろうべん)僧正による石山寺の建立,宇多上皇をはじめ藤原道長などの貴顕の詣祈願,病気平癒などの法験譚から,大納言道綱の母が本尊に祈って夢想する話,紫式部が参籠して湖上の月を眺め《源氏物語》の構想を得る話などまで含み,ことに文学関係の霊験譚を5話収録するのは本絵巻の特色のひとつといえよう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

石山寺縁起
いしやまでらえんぎ

近江(おうみ)国石山寺の草創から、寺の沿革に関する各種の霊験譚(れいげんたん)を説いた絵巻。7巻。良弁(ろうべん)僧正が如意輪(にょいりん)観音を本尊として石山寺を創立する段に始まり、後醍醐(ごだいご)天皇が即位のとき石山寺に荘園(しょうえん)を寄進する段までが収められる。7巻の絵は一筆でなく、4類に分けられ、筆者と制作時期を異にする。第1~3巻は正中(しょうちゅう)年間(1324~1326)に高階隆兼(たかしなたかかね)、第4巻は1497年(明応6)に土佐光信(みつのぶ)、第5巻は粟田口(あわたぐち)隆光(15世紀前半)との伝承をもつが、いずれも確かでない。第6、7巻は江戸時代1805年(文化2)松平定信(さだのぶ)の命によって谷文晁(ぶんちょう)が新写したもの。制作の時期が鎌倉、室町、江戸時代にわたっているが、これは、第4巻以下がなにかの事情で失われたため、後世に順次補作されたものと思われる。このうち原初の第1~3巻は美しい温雅な画面を展開させて、鎌倉後期の大和絵(やまとえ)の典型を示すものである。滋賀県石山寺蔵。

[村重 寧]

『『日本絵巻大成 18 石山寺縁起』(1978・中央公論社)』『『新修日本絵巻物全集 22 石山寺縁起』(1979・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いしやまでらえんぎ【石山寺縁起】
石山寺建立の由来、本尊の観世音菩薩の霊験を描いた絵巻物。七巻。一~三巻高階隆兼(たかしなたかかね)、四巻土佐光信、五巻粟田口隆光、六~七巻谷文晁(ぶんちょう)筆、詞書(ことばがき)は石山寺の杲守僧正、三条西実隆(さねたか)、冷泉為重(れいぜいためしげ)、飛鳥井雅章(あすかいまさあき)などと伝える。原本は鎌倉末期に隆兼が作ったといわれるが散佚し、後世補修したため巻により筆者が異なる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石山寺縁起」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石山寺縁起の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation