@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石川武美【いしかわたけみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石川武美
いしかわたけみ
[生]1887.10.13. 大分
[没]1961.1.5. 静岡
主婦の友社の創立者。初め同文館で婦人雑誌の編集,営業を担当し,1916年に独立して『主婦之友』 (1953年『主婦の友』と改題) を創刊。家庭の主婦向けの実用雑誌というジャンル確立。関東大震災後には窮境徳富蘇峰の『国民新聞』を援助した。 50年東販社長。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いしかわ‐たけよし〔いしかは‐〕【石川武美】
[1887~1961]出版人。大分の生まれ。婦人雑誌記者を経て、東京家政研究会、主婦の社)を興す。大正6年(1917)、「主婦之友」を創刊。戦後、東京出版販売社長

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石川武美 いしかわ-たけよし
1887-1961 明治-昭和時代の出版人。
明治20年10月13日生まれ。37年上京し,同文館で「婦人之友」などの編集従事。大正5年東京家政研究会(現主婦の友社)を創立,翌年「主婦之友」を創刊し,3年間で婦人誌の発行部数第1位にのばした。昭和25年東京出版販売社長。昭和36年1月5日死去。73歳。大分県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いしかわたけよし【石川武美】
1887‐1961(明治20‐昭和36)
主婦の友社の創業者。大分県に生まれる。中学を中退し17歳で上京,同文館に勤務し,羽仁吉一,都河竜らとともに《婦人之友》《婦女界》の刊行推進。1916年東京家政研究会(21年主婦之友社と改称)を興して独立,17年《主婦之友》を創刊し,3年目にして早くも同誌を婦人雑誌界最高の発行部数を誇る雑誌にまで発展させた。戦時中,統制会社日本出版配給の社長を兼任し,戦後は一時公職追放されたが,解除後の50年東京出版販売の社長に就任,東販の基礎づくりに貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしかわたけよし【石川武美】
1887~1961 出版業者。大分県生まれ。婦人雑誌記者を経て、「主婦之友」を創刊、のち主婦之友社社長。第二次大戦後東京出版販売社長。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川武美」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石川武美の関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation