@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石州半紙【セキシュウバンシ】

デジタル大辞泉

せきしゅう‐ばんし〔セキシウ‐〕【石州半紙】
石州石見(いわみ)国の異称島根県西部地方産の、コウゾを材料とした丈夫な和紙石見半紙
[補説]国指定の重要無形文化財。また、本美濃紙細川紙とともに、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきしゅうはんし【石州半紙】
島根県那賀郡三隅町ですかれている強靱な楮紙(こうぞがみ)。島根県西部(石見国。別称石州)の石見紙起源については,柿本人麻呂が始めたという伝説があるが,確かなものではない。奈良時代の《正倉院文書》には隣の出雲国は主要な産紙国として名が現れるが,石見国はみえないので,発展はやや遅れたかもしれないが,平安時代の《延喜式》では主要な産紙国に発展している。中世の石見国を二分していた吉見氏益田氏のそれぞれの領地製紙が行われ,その紙が中央に流通していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域ブランド・名産品

石州半紙[紙工芸・和紙]
せきしゅうはんし
中国地方、島根県の地域ブランド。
浜田市で製作されている。国東治兵衛という人が江戸時代に著した『紙漉重宝記』の記述によると、石州での紙漉きは万葉歌人・柿本人麿呂により奈良時代から始まったものである。江戸時代には、浜田藩津和野藩によって盛んに生産された。地元で栽培された良質のを使用して漉かれる。強靭で水に強く、簡単に破れたり変質したりしないのが特徴。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

石州半紙
(島根県 石州地域)
無形文化遺産」指定の地域遺産。
島根県の石州地域では10世紀初めには既に製紙が行われていた。江戸時代、石州で漉かれる半紙が大坂商人の帳簿用紙として重用され広まった。原料は地元産の楮。強靭でありながら肌触りがやわらかく、現在では障子紙や書画用紙などに用いられる。重要無形文化財(工芸技術:手漉和紙)、伝統工芸品

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せきしゅう‐ばんし セキシウ‥【石州半紙】
〘名〙 島根県西部地方から産する半紙。石見(いわみ)半紙。〔万金産業袋(1732)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石州半紙
せきしゅうばんし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石州半紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石州半紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation