@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石廊崎【いろうざき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石廊崎
いろうざき
石室崎とも書く。静岡県東部,伊豆半島南端にある南伊豆町に属する。集塊岩から成るなだらかな台地が,海食と断層による断崖絶壁をなし,南伊豆第一の雄大な海岸美。高さ約 60mの岬端には灯台,無線方位信号所,測候所石室神社がある。東側の入江奥の漁港はかつては風待ち港として栄えた長津呂港で現在は石廊崎港と改称して,岬めぐりの観光船発着港,小漁港となっている。温暖な無霜地帯で,付近では花卉栽培が行われる。民宿が多い。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いろう‐ざき〔いラウ‐〕【石廊崎】
静岡県、伊豆半島南端の岬。海食を受けた断崖が続く。灯台・石室(いろう)神社がある。石室崎。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いろうざき【石廊崎】
静岡県伊豆半島最南端,南伊豆町にある岬。石室岬とも書く。古くは長津呂崎ともいい,岬東の湾奥部にある長津呂は帆船時代の風待港であった。伊波例命を祭る石廊神社があり,岩群に由来する地名ともいわれる。岬の周辺は比高約100mにも達する海食崖でかこまれる隆起海食台地で,安山岩質集塊岩からなる岩峰や海食洞が多く,展望風景もよい観光地で,伊豆周遊ルートの拠点となっている。岬端には1871年に建設された石廊埼灯台があり,建設当時は木造八角形の白色洋式灯台で沖合の神子元(みこもと)島の灯台とともに相模灘と駿河湾とが接する重要な地点であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

石廊崎
いろうざき

静岡県伊豆半島最南端の岬。石室崎とも書く。南伊豆町に属する。付近は約100メートルの海食崖(がい)と、隆起海食台地、鋸歯(きょし)状に交錯する入り江と岬、安山岩質集塊岩からなる尖塔(せんとう)状の奇岩など、変化に富んだ壮大な景観を示し国指定名勝「伊豆西南海岸」となっている。岬の東の入り江奥の石廊崎港(長津呂港(ながつろこう))はかつて風待ち港であった。岬端には1871年(明治4)設置された白色の灯台、無線中継所、方位測定所などがあり重要な地点であるが、1974年(昭和49)の伊豆半島沖地震では、活断層に伴う被害を受けた。海に面する石室神社(いろうじんじゃ)は千石船の帆柱を土台にして建てられたもので、石室権現(ごんげん)ともよばれ、船乗りの守り神である。奥石廊海岸もある。下田からバス40分、下車後徒歩15分。岬めぐりの遊覧船がある。

[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いろう‐ざき いラウ‥【石廊崎】
静岡県伊豆半島南端の岬。灯台や、石廊権現(石室神社)がある。高さ約一〇〇メートルの海食崖や変化に富む海岸線は伊豆三絶景の一つ。富士箱根伊豆国立公園の一部。石室崎。石室岬。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石廊崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石廊崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation