@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石棒【せきぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石棒
せきぼう
縄文時代の遺物の一つ。磨製棒状石製品である。頭部があるものとないものがある。縄文時代中期と後・晩期に現れるが,前者は大型,後者は小型である。両者の系統関係は不明。中部地方配石遺構から出ている例があり,信仰の対象ではないかと考えられる。後世になってこれを性的信仰の対象としている例がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せき‐ぼう【石棒】
縄文時代、棒状の一端または両端に丸く膨らみをつけた磨製石器。男性器シンボルとも、儀礼祭祀(さいし)用とも考えられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきぼう【石棒】
(1)縄文時代中期以降の磨製石器の一種。円形ないし楕円形断面の棒状を呈し,一端または両端に瘤状のふくらみがある。これによって単頭石棒,両頭石棒,無頭石棒などと区別することがある。中期の石棒は大型で長さ1mをこえるものが多く,長さ2.5mに達するものすらある。安山岩や緑泥片岩で作っている。後期の石棒はおおむね小型になるが,頭部の彫刻はやや複雑になり,粘板岩を用いたものがふえる。断面形もしだいに扁平になり,これから晩期の石剣石刀が分化する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしぼう【石棒】
せきぼう石棒

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せきぼう【石棒】
丸棒状の磨製石器。一端または両端が瘤こぶ状をなし、長さは普通50センチメートルから1メートル 程度。縄文時代の呪術関係の遺物。いしぼう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石棒
せきぼう
縄文時代中期から晩期にかけてつくられた棒状をなした石製品。中期の石棒は太くかつ長さが2メートルにも及ぶ大形品がみられ、なかには男性性器をかたどったものが存在する。竪穴(たてあな)住居址(し)の内部に設立してあったと考えられる例もある。後期以降になると小形化し、文様も精巧になる。とくに晩期の石棒においては頭部を彫刻し、土器と共通する三叉(さんさ)文、三角状のえぐり込み、線刻などを施すものが目だつようになり、赤色の顔料などが塗られていたものもあった。その形状からみて、呪術(じゅじゅつ)的、儀礼的な用途に用いられたものとみられるが、江戸時代以降の民間習俗で、縄文時代の石棒を性器として祀(まつ)っている例も少なくない。大形のものは安山岩、小形のものは粘板岩、緑泥片岩などの石を用いることが多い。類似の遺物として縄文時代晩期の東日本に存在した石刀(せきとう)、石剣(せっけん)などがある。[鈴木公雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いし‐ぼう【石棒】
〘名〙 縄文時代の遺物の一つ。安山岩、花崗岩(かこうがん)、緑泥片岩等でつくられた棒状の磨製石器。棒の一端、または両端に頭部をつくったものと、全く頭部のないもの、また、頭部に精巧な彫刻をほどこしたものなどがあり、長さは、四〇~五〇センチメートルから一メートル内外のもの。小型のものは武器として用いられたらしく、大型のものは性器のシンボルともいわれ、儀礼的、宗教的な意味もあったと思われる。せきぼう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐ぼう【石棒】
〘名〙 縄文時代の遺物の一つ。安山岩・花崗岩・緑泥片岩などでつくられた棒状の磨製の石器。棒の一端、または両端に頭部をつくったものと、まったく頭部のないもの、また、頭部に精巧な彫刻をほどこしたものなどがあり、長さは三〇~四〇センチメートルから二メートル内外のものまである。用途については諸説があるが、小型のものは武器として、大型のものは呪術的なものとして用いられたとみられ、儀礼的、宗教的な意味もあったと思われる。いしぼう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

石棒
せきぼう
縄文時代中期以降に現れる棒状の磨製石器
長さ0.5m〜1mあまり。用途は明らかではないが,生殖器崇拝武器権威象徴,穀物すりつぶし具など諸説がある。中部地方を中心とする東日本で多く発見される。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石棒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石棒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation