@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石橋(能)【しゃっきょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

石橋(能)
しゃっきょう

能の曲目。五番目物。めでたく1日の催しを締めくくる祝言能。五流現行曲。入唐(にっとう)した寂昭(じゃくしょう)法師(ワキ)は清涼山(せいりょうぜん)に至り、石橋を目前にする。この世から文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の浄土に架かる橋である。現れた山の童子(前シテ。老翁(おきな)の姿にも)は、橋を渡ろうとする寂昭に、名ある高僧でも難行苦行のすえでなければ渡れなかったととどめ、自然が出現させた石橋の神秘を物語る。そして奇跡を予言して消える。仙人(アイ狂言)が出て橋の由来を述べ、獅子(しし)の出現を予告する。前シテをツレに扱い、アイ狂言を省く流儀もある。獅子(後シテ)が出て、牡丹(ぼたん)の花に戯れつつ豪快に舞い、万歳千秋をことほぐ。獅子の出を囃(はや)す「乱序(らんじょ)」の囃子も、豪壮ななかに深山の静寂の露のしたたりを表現する譜が加わるなど、特色がある。「獅子」の舞は能のエネルギーの端的な主張であり、技術的な秘曲で、伝承がとだえたため江戸時代に苦心のすえに復興されたもの。『望月(もちづき)』『内外詣(うちともうで)』でも舞われるが、それは中世芸能としての獅子舞の扱いであり、『石橋』の獅子が本格である。赤と白の夫婦獅子、あるいは親子獅子の出る演出のバリエーションが多く、前シテを省いて、ワキの登場のあと、すぐに獅子が出る略式上演も広く行われている。

[増田正造]

石橋物

能の『石橋』に取材した歌舞伎(かぶき)舞踊の一系統。たいていは「~獅子(じし)」とよぶところから、「獅子物」ともいう。年代の古いものほど能の影響は少なく、趣向と詞章の一部を借りただけで極端に歌舞伎化されているが、新しくなるにしたがい能に近づいている。野郎歌舞伎の初期から行われ、元禄(げんろく)期(1688~1704)には水木辰之助(たつのすけ)や早川初瀬が演じたという記録があるが、現存する最古の曲は1734年(享保19)3月江戸・中村座で初世瀬川菊之丞(きくのじょう)が踊った『相生(あいおい)獅子』で、同じ菊之丞の『枕(まくら)獅子』、初世中村富十郎の『執着(しゅうじゃく)獅子』がこれに続く。いずれも女方が傾城(けいせい)に扮(ふん)し手獅子を持って踊るという趣向であったが、江戸中期以後は立役(たちやく)の演目になり、四天(よてん)の衣装で獅子の強さを強調して演ずる『二人(ににん)石橋』『雪の石橋』などが生まれ、明治期には能の演出を多く取り入れた『連(れん)獅子』『鏡(かがみ)獅子』などがつくられた。曲はいずれも長唄(ながうた)。なお、「獅子物」という呼称では、能の『石橋』とは別に、民間芸能の獅子舞を舞踊化した『越後(えちご)獅子』『角兵衛(かくべえ)』『鞍馬(くらま)獅子』『勢(きおい)獅子』などもある。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石橋(能)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石橋(能)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation