@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石橋山の戦い【いしばしやまのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石橋山の戦い
いしばしやまのたたかい
治承4 (1180) 年8月 23日,小田原市南西の相模石橋山で行われた源頼朝と,平氏方の大庭景親らとの戦い。頼朝は以仁王令旨に応じ,北条時政の援助を得て,治承4年8月 17日に挙し,伊豆目代山木兼隆を討ち,一挙に相模制圧を目指したが,大庭景親らにはばまれ,同月 23日,300騎を率いて石橋山に陣した。大庭軍は三千余騎でこれに対陣,さらに伊東祐親が 300騎を引連れてうしろを囲んだ。頼朝方は三浦義澄らの援軍が到着する前の 23日夕,平氏方の襲撃を受けて壊滅し,頼朝は危いところを大庭方の飯田家義に助けられて箱根逃れ,さらに真鶴岬より海路安房に逃れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石橋山の戦い
いしばしやまのたたかい

1180年(治承4)8月、相模(さがみ)国石橋山(神奈川県小田原市南西部)で、平氏方の大庭景親(おおばかげちか)らが源頼朝(よりとも)の軍を破った戦闘。8月17日、伊豆北条に挙兵し、同国目代(もくだい)の山木兼隆(やまきかねたか)を討った頼朝は、ついで三浦氏の軍との合流を望み相模に進出、石橋山に布陣した。しかし23日夕、景親勢がこれを強襲、伊東祐親(いとうすけちか)も背後をうかがった。三浦の大軍との合流を阻止された頼朝勢は大敗したが、飯田家義(いいだいえよし)、梶原景時(かじわらかげとき)など、景親の手に属しながらも内応する者があり、彼らの計らいで絶命の危機を逃れた頼朝は、箱根山中を経て土肥郷(どいごう)(神奈川県湯河原町、真鶴(まなづる)町)に脱出、28日には真鶴岬から海上を安房(あわ)(千葉県)に渡り、再挙を図ることになった。

[杉橋隆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

石橋山の戦い
いしばしやまのたたかい
平安末期,源頼朝挙兵後の最初の源平合戦
1180年,配流地の伊豆で目代山木兼隆を討った頼朝軍は,相模の三浦氏との連携を求めて石橋山に兵を進めたが,平家方の大庭景親らの圧倒的な兵力の前に大敗,頼朝はようやく海路で安房 (あわ) (千葉県)にのがれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石橋山の戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石橋山の戦いの関連情報

関連キーワード

源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation