@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石橋【いしばし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石橋
いしばし
栃木県南部,下野市北部の旧町域。下野平野中部にあり,宇都宮市の南に接する。 1891年町制。 1954年姿村と合体。 2006年南河内町,国分寺町と合体して下野市となった。中心地区の石近世日光街道宿場町から発展。かんぴょうの主要な取引地。機械繊維などの工場が進出している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石橋
しゃっきょう
能の曲名。五番目物。各流現行。作者未詳。季は初夏。ところは唐の清涼山の石橋。ワキの寂昭法師が,前ジテの樵童 (童子の面,黒頭,水衣,縫箔着流) に会い,石橋の向いは文殊菩薩浄土であることを告げられる。中入り後,間狂言仙人として登場のあと,乱序,露ノ拍子の習事の囃子に次いで,後ジテ獅子 (獅子口の面,赤頭,法被半切) が現れ,紅白牡丹を飾った2つの一畳台で,豪華絢爛獅子舞を舞う。重い習物で,祝言の意味で,半能で上演されることが多い。小書 (こがき) に,大獅子,師資十二段之式,連獅子,和合,真の型,三つ台などがある。後世の芸に影響を与え,歌舞伎石橋物として取入れられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いし‐ばし【石橋】
石でつくった橋。
石を飛び飛びに置いて、伝っていくようにしたもの。飛び石。
「三十ばかりの女…、―をふみ返して過ぎぬるあとに」〈宇治拾遺・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いしばし【石橋】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃっきょう〔シヤクケウ〕【石橋】
謡曲。五番目物。寂昭法師が入唐して清涼山の石橋に行くと、童子が現れ、橋のいわれを語って消える。やがて、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)に仕える獅子(しし)が現れて牡丹(ぼたん)の花に狂い舞う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せっ‐きょう〔セキケウ〕【石橋】
石造りの橋。いしばし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしばし【石橋 stone bridge】
橋桁を石材でつくった橋。石工橋あるいは石造橋ともいう。ごく短支間の場合には石の板をかけ渡したものもあるが,もっともよく用いられたのはアーチ構造としてである。石は圧縮には強いが引張りにはさして強くなく,接着困難,重いなどの欠点があるため,アーチとしての利用は賢明な方法であった。とくに著名な古代ローマ時代の石造アーチ橋力学にかなったまことに堅牢なつくりで,現在でもヨーロッパ各地にそのいくつかが残っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゃっきょう【石橋】
(1)能の曲名。五番目物。祝言物。作者不明。前ジテは樵夫。後ジテは獅子。寂昭法師(じやくじようほつし)(ワキ)が天竺に渡り,文殊菩薩が住むという清涼山(しようりようせん)にいたり,石の橋を渡ろうとすると,来かかった樵夫に制止される。樵夫のいうには,この橋は幅が1尺にも足らず,こけ)ですべりやすく,下は千丈の谷底で,人間の渡り得る橋ではない。ここでしばらく奇瑞を待つのがよいと教えて立ち去る(〈クセ〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いし‐ばし【石橋】
〘名〙 石でつくった橋。石の橋。岩橋。せっきょう。
※玉塵抄(1563)一六「梁は石をわたいて橋にしてわたるを云ぞ。そこの石ばしのあたりに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いしばし【石橋】
栃木県下都賀(しもつが)郡北東部の地名。日光街道の旧宿場町。かんぴょうの産地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いしばし【石橋】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃっ‐きょう シャクケウ【石橋】
(「しゃく」は「石」の呉音)
[1] 〘名〙 石で造った橋。いしばし。せっきょう。
[2]
[一] 中国浙江省天台県の天台山にあった石橋。
[二] 能楽の曲名。五番目物。各流。作者不詳。寂昭法師が入唐し清涼山で石橋を渡ろうとすると、一人の童子が現われて橋の渡り難いことを説き、橋のいわれを語る。やがて獅子(しし)が現われ、咲き乱れる牡丹(ぼたん)の花の間を勇壮に舞い、御代の千秋万歳をことほぐという筋。後場で、紅白の牡丹の立木のある一畳台(いちじょうだい)を二台または三台出して勇壮に舞う。歌舞伎に大きな影響を与えている。
[三] 歌舞伎所作事。長唄。能の「石橋」の舞踊化。後ジテの獅子の踊りだけになり、「二人石橋」「三人石橋」「五人石橋」「雪の石橋」などがつくられた。「外記節石橋」は能に近く、「大石橋」とも呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せっ‐きょう セキケウ【石橋】
[1] 石造りの橋。石の橋。いしばし。しゃっきょう。
※本朝麗藻(1010か)下・歳暮遊園城寺上方〈大江以言〉「石橋滑処杖紅藤
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉五「蓮池(れんち)に渡した石橋(セキケウ)の欄干に尻をかける」 〔水経注‐済水〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

石橋
〔長唄〕
しゃっきょう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
補作者
杵屋三郎助(4代)
初演
元文3.3(京・早雲座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石橋
(通称)
しゃっきょう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
雪礫巌石橋
初演
明治24.12(東京・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石橋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石橋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation