@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石灯籠【いしどうろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石灯籠
いしどうろう
石で造られた灯籠。構造は上から宝珠火袋中台竿,基礎の部分から成る。中国,朝鮮古代の形式が仏教とともに日本に伝わり,本来は社寺への献灯のために用いられ,正面中央に1基だけ立てた。当麻 (たいま) 寺金堂前に奈良時代前期の最古遺品がある。桃山時代以降,茶庭や一般庭園にも用いられた。社寺系の灯籠は八角型,六角型,四角型で規格があるが,庭系のものはこの規格からはずされ,種々の新型が考案された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いし‐どうろう【石灯籠】
石でつくった灯籠。社寺に据えて灯火をともし、また、庭園などに置いてを添える。用途によって種類が多く、春日(かすが)雪見遠州織部などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしどうろう【石灯籠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いし‐どうろ【石灯籠】
〘名〙 「いしどうろう(石灯籠)」の変化した語。
※東寺百合文書‐ち・明徳五年(1394)六月二三日・二十一口方評定引付「可于石燈炉之夜燈高辻地之闕分
※浮世草子・好色一代男(1682)三「跡見かへる面影、石燈籠(イシドウロ)の光にうつりぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いし‐どうろう【石灯籠】
〘名〙 石造りの灯籠。笠石、火袋(ひぶくろ)、脚石、台石の各部から成る。多く、自然石を加工するが、そのまま利用したものもある。社寺の前にすえて灯火をともし、また庭園などに置いて飾りとする等、その用途によって種類がきわめて多い。いしどうろ。
※東寺百合文書‐ち・応永二九年(1422)六月二日・二十一口方評定引付「石燈籠油事」
※譬喩尽(1786)一「石燈籠(イシドウロウ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石灯籠
いしどうろう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石灯籠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石灯籠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation