@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石田春律【いしだ はるのり】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石田春律 いしだ-はるのり
1757-1826 江戸時代中期-後期の農学者。
宝暦7年生まれ。石見(いわみ)(島根県)太田村の庄屋農事製鉄業のかたわら農学を研究,農書「百姓稼穡(かしょく)元」や,地誌「石見八重葎(やえむぐら)」などをあらわす。天明飢饉(ききん)に際しては,開墾につとめ,サツマイモの栽培法を改良した。文政9年7月7日死去。70歳。通称は初右衛門。号は江川堂澗水。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石田春律」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石田春律の関連情報

関連キーワード

ハウフバーラクザイ朝ハウフプラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦いまぶ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation