@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石臼【いしうす】

大辞林 第三版

いしうす【石臼】
石で作った、ひきうす。
大きくて重いもののたとえ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いし‐うす【石臼】
石でつくったうす。ひきうす。大きなものや重いもののたとえにもいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしうす【石臼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いし‐うす【石臼】
〘名〙
① 石でつくった臼。物をひき、またはつくのに用いる。ひき臼。転じて、大きいものや重いもの、品のないもののたとえに用いる。〔和玉篇(15C後)〕
※随筆・異説まちまち(1748)二「石うす芸をそしれる事〈略〉世録のものは、石臼にても足りなむ。何事か主用に立べきもしらねばなり。専門の者は、其委くきはめんことこそあらまほしき」
③ 泳げない者。
[語誌](1)木製、土製の挽臼(ひきうす)が籾(もみ)すりに用いられるのに対し、石製の挽臼は主に製粉に使用される。鎌倉時代ごろから普及するようになる。当時のものは小形で、絵の具や薬剤の調製、また製茶などに使われていた。
(2)粉挽き臼として庶民の中に定着したのは江戸時代中期以降。従来の搗臼(つきうす)に比べはるかに能率がよく、米麦の製粉の他、そばや豆腐の製造にも用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石臼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石臼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation