@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石英ガラス【せきえいガラス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石英ガラス
せきえいガラス
silica glass
二酸化ケイ素だけから成る特殊ガラス水晶屑,純度の高いケイ石などを溶融してつくる。非常に融解点が高く,製作には電気炉などで 2000℃近くの高温を必要とする。特徴として,高温に耐え (軟化点 1500℃) ,急冷急熱に強く,また膨張係数が 5×10-7 と極端に小さいためひずみが少く,耐食性が強いなど,すぐれた性質をもつ。また紫外線をよく透過させる特性もある。高加熱器具や理科学実験器具の部品高圧水銀灯バルブ光学レンズプリズムなどに広く使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せきえい‐ガラス【石英ガラス】
二酸化珪素(けいそ)だけを成分とするガラス。石英や純度の高い珪石珪砂などを融解して作る。耐熱性・耐酸性にすぐれ、紫外線赤外線をよく通す。理化学器具・特殊プリズム・レンズ・高圧水銀灯管などに使用。シリカガラス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきえいガラス【石英ガラス quartz glass】
二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみからなるガラスで,シリカガラスsilica glassともいう。耐熱性とくに耐熱衝撃性にすぐれているため,反応容器,反応管等に使用されている。紫外線の透過力を生かした用途,レンズや水銀灯用バルブとしての用途もある。また,不純物濃度を極限まで減少させた石英ガラスは,可視部における光の吸収がほとんどないため,光通信用グラスファイバー(ガラス繊維)として使用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せきえいガラス【石英ガラス】
石英または水晶を電気炉で強熱し、溶解してつくったガラス。無色透明で普通のガラスに比べて耐熱性・化学的耐久性にすぐれ、また、紫外線も通す。化学器具・光学機器・光通信用ガラス繊維などに用いる。水晶ガラス。シリカガラス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石英ガラス
せきえいがらす
quartz glass
特殊ガラスの一つで、二酸化ケイ素だけの単成分からできているガラス。シリカガラスの通称。不純物の多少によって性能も異なるが、概して熱膨張係数が5~6×10-7と小さく、徐冷温度も1140℃と高いため、耐熱性、耐熱衝撃性とも実用ガラス中で頂点にたち、理化学用器として重要である。珪砂(けいさ)または水晶から電気溶融でつくる。前者は微細な気泡のため不透明だが、後者は透明で品質も高い。光通信や半導体プロセスなどに使う超高純度のものは四塩化ケイ素(液体)、モノシラン(気体)などから気相合成でつくられ、光吸収損失の原因となる遷移元素などの不純物含有率が最低10億分の1以下のものまである。光通信用ファイバーは気相合成法の一種の化学蒸着によってつくられる。[境野照雄・伊藤節郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

石英ガラス
セキエイガラス
quartz glass, fused silica

シリカガラス(silica glass),溶融シリカ(fused silica)ともいう.シリカSiO2だけを成分とするガラス.石英,水晶,けい石あるいはけい砂を溶融した後,冷却して加工する.ケイ素のアルコキシドの加水分解によって得られるゲルを融点以下の温度で焼成する方法もある.220 nm までの紫外線を通し,熱衝撃に強く,化学的耐久性もすぐれている.密度2.20 g cm-3.軟化点1650 ℃.製品として不透明なものは無数の微泡を含み,性能はやや劣る.光ファイバー用の原料となる高純度な石英ガラスの製造は,石英を原料とせず,SiCl4の気相分解物を用いる方法で行われる.[別用語参照]耐熱性ガラス

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石英ガラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石英ガラスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation