@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石英安山岩【せきえいあんざんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石英安山岩
せきえいあんざんがん
dacite
石英を含む安山岩質の岩石で,深成岩花崗閃緑岩に対応する火山岩斑晶石英斜長石有色鉱物の角閃石,黒雲母などで,石基はガラス質。岩石は斑状組織を呈する。安山岩よりやや酸性。造山帯の火山岩として産出する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

石英安山岩
dacite: 石英安山岩(quartz andesite)と同義で,アンデシン,石英,角閃石,黒雲母または輝石からなり,花崗閃緑岩に対応する火山岩[Hauer & Stache : 1863].ルーマニア北部,ジーベンビュルゲン(Siebenbuerugen)地域のダキア(Dacia)に産出する.ダキアはカルパチア(Carpathian)山脈とドナウ(Danube)川との間の地域にあった古代の王国で,後にローマの属州(Roman province)となった.ジーベンビュルゲンはルーマニア国中部地方のトランシルバニア(Transylvania)のことである.岩石名はダキア(Dacia)に由来する.日本語は1884年に小藤文次郎が石英富士岩としたが,後に1886年に中島謙造が石英安山岩と訳した[歌代ほか : 1978].
quartz andesite: 火山岩で,斜長石(アンデシンまたはオリゴクレース),石英,付随的な鉄マグネシウム鉱物(角閃石,黒雲母,輝石)の斑晶と,細粒の石基とからなる.粗粒なものは花崗閃緑岩に相当する.もともとは角閃石を含むものに命名されたが[Hoepfner : 1881],その後黒雲母を含むものに拡張された.石英は石基のみに存在している.さらにローゼンブッシュは輝石を含み,石英の斑晶を含むものとした[Rosenbusch : 1907].デーサイト(dacite)と同義.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきえいあんざんがん【石英安山岩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せきえいあんざんがん【石英安山岩】
流紋岩と安山岩との中間の組織・組成を示す火山岩。ナトリウムに富む斜長石、石英・角閃石かくせんせきなどから成り、一般に斑状。デイサイト。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せきえい‐あんざんがん【石英安山岩】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石英安山岩
せきえいあんざんがん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石英安山岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石英安山岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation