@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石鉄隕石【せきてついんせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石鉄隕石
せきてついんせき
stony iron meteorite
鉄-ニッケル合金ケイ酸塩鉱物とがほぼ等量含まれている隕石。ケイ酸塩鉱物の部分が,おもに橄欖石から成るパラサイト斜方輝石微斜長石を主とするメソシデライトなどに分けられる。いままでに知られている隕石,隕鉄総数の4% (70個) を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せきてつ‐いんせき〔‐ヰンセキ〕【石鉄×隕石】
ニッケル合金と珪酸塩(けいさんえん)鉱物とをほぼ等量に含む隕石。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきてついんせき【石鉄隕石 stony iron】
ニッケル鉄とケイ酸塩鉱物が混合した隕石で,おもなものにパラサイトpallasiteとメソシデライトmesosideriteがある。パラサイトの組織は地球の岩石には見られないもので,地球以外の天体からきたものだと最初に確認されたのがこの隕石である。パラサイトはあめ色をした1cm大のカンラン石の結晶が,すみを接してニッケル鉄中に散らばっているもので,この特異な組織のため,古い時代に落下していたものが後で発見される場合が多く,落下の目撃されたパラサイトはまれである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

石鉄隕石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石鉄隕石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation