@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

石鎌【いしがま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石鎌
いしがま
穀物を刈入れる農具イランでは中石器時代にフリント製の石刃を細長い骨棒に数個縦列にはめこんだものが出土している。やがてこの技法は,西アジアで興った原始農耕の農具に受継がれ,小麦収穫などに使われた。一方中国では,新石器時代粘板岩鎌形に磨き上げ,内側に刃を施したものが出現する。これはをつけて使用したものである。日本でも弥生時代遺跡から,これに類するものが発見されるが,すべて農具として使われたかは疑問である。というのは刃部が厚く重量もあり,武器としての機能も持合せているからである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いし‐がま【石鎌】
鎌の形をした弥生時代磨製石器。木の柄をつけ、収穫・草刈りに用いたらしい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしがま【石鎌】
先史時代および古代農耕社会で用いられた石製の収穫具。その起源はオリエント地方の中石器時代以降にみられ,木や骨で作った柄の側面を彫り,そこへ石刃を植えつけた小用の収穫具に求められる。ヨーロッパでは新石器時代後期に湾曲した木柄に石刃を差し込んだが現れるが,のちに地中海東部先進地域の青銅製の鎌を模した三日月形の石鎌に変化する。中国では石刀と呼び,竜山文化期(約4000年前)にほぼ全土にわたって磨製の石鎌が出現する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

石鎌
いしがま

磨製石器の一種。粘板岩、頁岩(けつがん)などの水成岩質の岩石を研磨し、現在の鉄製鎌に類似した石器。穀類の穂つみ用具と考えられるが、同用途の石包丁と比較すると、分布圏も狭く、出土例もきわめて少ない。同型の青銅品、鉄製品も弥生(やよい)文化の遺跡で1、2の破片が発見されている。朝鮮半島、中国大陸河南・河北省方面からも類似の磨製石器の発見があり、この型の石器は、弥生文化の時代に大陸から朝鮮半島を経て、青銅製品とともに渡来したが、西北九州の一部で使用されただけであったと考えられる。鎌のように反りのあるものもあり、一端は先がとがり、他端は方形で、端部に近い両側にはえぐり込みがあり、紐(ひも)で柄部へ結び付きやすくしてある。

[江坂輝彌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いし‐がま【石鎌】
〘名〙 彌生時代の石器の一つ。穀物の刈り取りに用いた農具。鎌に似ており、柄をつけて使った。→石包丁

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石鎌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石鎌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation