@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

砂浜【スナハマ】

デジタル大辞泉

すな‐はま【砂浜】
砂地の浜辺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すなはま【砂浜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

砂浜
すなはま

汀線(ていせん)付近の砂礫(されき)の堆積(たいせき)地形。これら砂礫による海岸を砂浜海岸(さひんかいがん)といい、磯(いそ)の岩石海岸と区別される。寄せ波が遡上(そじょう)したり下ったりしているやや急な勾配(こうばい)の前浜(まえはま)と、それより陸側のほぼ水平な後浜(あとはま)からなり、沖側に沿岸トラフとよばれる深みと、沿岸底州とよばれる浅瀬を有することがある。後浜より陸側には浜堤(ひんてい)や砂丘がみられ、草木に被覆されている。砂浜の幅は、数メートルの狭いものから数キロメートルに達する広いものまである。砂浜の勾配は、粒度の大きいほど急傾斜となる傾向がある。砂浜の厚さは、数メートル内外と薄い場合が多く、砂浜の下に岩礁面が隠されていることが多い。

 砂浜の砂礫は波によってジグザグ移動したり、離岸流(リップ流)で沖へ運ばれたり、向岸流で打ち上げられたりして移動する。日本海沿岸では、波の荒い冬季に侵食され、静穏な夏季に堆積するようなビーチサイクルを行うことが知られている。このような自然の砂の動きを突堤などによって人為的に止めると、海岸侵食などの問題を引き起こすことがある。砂浜は海水浴場などとして、観光や保養面での利用価値が高い。

[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すな‐はま【砂浜】
〘名〙 岩や石がなく、砂ばかりの浜辺。砂地の浜。
※俳諧・類船集(1676)加「貝 山臥〈略〉祭 砂浜」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砂浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation