@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

砂漠土【さばくど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砂漠土
さばくど
desert soil
降水量がきわめて少く物の大部分が生育しない砂漠地帯の土壌成帯土壌の一つ。母材中の化学成分はナトリウム塩類を除いてほとんど移動がなく,若干のカルシウム塩の集積が地表直下にみられるだけで,腐植の蓄積はない。降水量の増加に伴って灰色土褐色土地帯に移行する。砂漠地帯の中にある局部的な凹地には,ナトリウム塩類の過剰に集積する塩類土が生じていて,これは間帯土壌として区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

砂漠土
乾燥地域に見られる明確に定義されていない土壌で,一般い赤色または灰色が基本の色である.これらには有機物質の量は少ない.土壌断面の発達は悪く,しばしば炭酸カルシウム石膏が存在する[Robinson : 1936, Jenny : 1941].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

砂漠土
さばくど
desert soils
乾燥地域にみられる土壌型の一つ。地球上の全陸地に分布する土壌を、その生成環境、とくに植生の違いで森林土、草原土、砂漠土と大別するし方もある。砂漠に生ずる土壌の特色は、短い雨期や一時的な降水の際のナトリウム塩類、カルシウム塩類の溶解に続いておこるそれらの塩類の集積過程である。そのうちナトリウム塩の集積は、砂漠地方でも地下水の集まりやすい凹所に限られ、そこに塩類土やアルカリ土が生成するが、一般に乾燥地域でおこるカルシウム塩の集積は砂漠土のうちとくに行われ、石灰集積作用として表土層に炭酸カルシウムや硫酸カルシウムの白色集積物が生ずる。その集積位置や土層内の厚さのほか、降雨時に生育した叢林(そうりん)や乾性草本の分解腐植の残留程度により、有機物をまったく欠く砂漠土(狭義の)、わずかな腐植を有する灰色砂漠土、褐色土などに分類される。[浅海重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂漠土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砂漠土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation