@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

砂糖漬【さとうづけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砂糖漬
さとうづけ
砂糖の防腐性を利用して種実果実野菜砂糖で漬けたもの。砂糖漬にするときは,砂糖の濃度は徐々に上げてゆくことが必要であり,果実の場合 20~25%から出発し,5~10%段階ずつ高めて処理を進める。目標の濃度に達したら糖液から取出し,糖果表面を乾かす。材料は軟らかくなったり,変色しないものがよい。南蛮船唐船長崎に伝えられ,熊本鹿児島名産となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さとう‐づけ〔サタウ‐〕【砂糖漬(け)】
果実・野菜・豆などを高濃度の砂糖に漬けること。また、その食品。ブンタンフキアンズショウガなどの砂糖漬け、甘納豆など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さとうづけ【砂糖漬】
果実や野菜を砂糖液に漬けこむか,砂糖液で煮て乾燥加工した食品。糖分が多く,保存性が高い。江戸前期には行われていたようで,《和漢三才図会》(1712)には〈沙糖漬菓子〉として,ミカン,ブシュカン(仏手柑),テンモンドウ(天門冬),ショウガ,トウガンなどでつくるとしている。現在もいろいろな材料でつくられているが,とくに長崎のブンタン,秋田のフキ,栃木のかんぴょうなどは異色の地方名菓として有名である。西洋のものではクリでつくるマロングラッセが知られ,ほかにレモンやオレンジの果皮,アンゼリカサクランボなどのものがあり,洋菓子カクテルに使用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さとう‐づけ サタウ‥【砂糖漬】
〘名〙 果物などを砂糖に漬けること。果物や野菜などを軟らかく煮たり、砂糖煮してから乾燥し、砂糖の中に漬けること。また、そのもの。
※雑俳・苔翁評万句合(1751‐64)宝暦一三「此公事のはては小判のさとう漬」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂糖漬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砂糖漬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation