@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

砲兵【ほうへい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砲兵
ほうへい
artillery; gunnery
陸軍の兵科区分の一種。各種の火砲を用いてを攻撃,制圧し,歩兵戦車兵の戦闘を助ける役目を果す。砲は,戦闘場所を基準に野戦砲兵と要塞砲兵に,火砲の口径用法によって山砲兵,野砲兵,重砲兵に,また特殊な用法を基準にして海岸砲兵,攻城砲兵,高射砲兵,対戦車砲兵などに区別される。最近では砲兵用として近距離用のロケットミサイルも使用される。砲兵は歩兵と緊密に協力して攻撃することを要請され,また,戦術的にみて重要地点に砲火を集中するのが有利とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐へい〔ハウ‐〕【砲兵】
陸軍で、火砲を用いて敵を砲撃し、歩兵や戦車の行う戦闘の支援を任務とする兵。また、その兵科。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうへい【砲兵 artillery】
敵と離れ口径20ミリ以上の火砲(砲身砲,ロケット砲)を使用し,その殺傷破壊力で戦う兵科をいう。なお,同種の任務をもつものでも,軍制上砲兵と称さないものもある。地上目標を射撃する(一般)砲兵と空中目標を射撃する高射砲兵に大別される。また野戦で任意に移動して使用するのを野戦砲兵という。かつては,要塞(海岸)守備専門の砲兵を要塞(海岸)砲兵,その攻撃に当たるものを攻城砲兵と称し,また装備火砲により,野砲兵,山砲兵,迫撃砲兵,重砲兵等に区分したときもあったが,現在は一括して砲兵と称している国が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

砲兵
ほうへい

陸軍の兵科の一種。各種の火砲により敵を撃滅・制圧することで戦場での優位性を確立し、戦勝の条件を得ることを任務とした。砲兵は野戦砲兵と重砲兵に大別され、前者は野砲兵、山砲兵、騎砲兵、野戦重砲兵、後者は攻城重砲兵、要塞(ようさい)重砲兵に種別された。このほかにも高射砲兵、列車砲兵、自動車砲兵などがあった。現在自衛隊では砲兵に相当する部隊を特科と称し、野戦特科と高射特科から構成されている。

[纐纈 厚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐へい ハウ‥【砲兵】
〘名〙 火砲を操縦して攻撃する任務にあたる兵士。
※新聞雑誌‐一号・明治四年(1871)五月「四月上旬薩州より御親兵三大隊外に砲兵(ホウへい)著京せり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砲兵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砲兵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation