@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

砲塔【ほうとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砲塔
ほうとう
turret
通常は,中口径以上の艦載砲とその員,砲室を保護するために造られ厚い鋼鉄板で装甲された箱状ののことであるが,陸軍では戦車の上部にもこの言葉を用いる。駆逐艦などの砲塔は防弾用ではなく,爆風風波などに対する防護用である。塔と一緒に砲も旋回するほか,俯仰装置によって砲身の仰角が与えられるようになっている。また,艦体下部にある弾庫,給薬室から,揚弾機,給薬機によって弾丸と装薬が装填機まで上がってくるように造られている。砲塔を発明したのはイギリス海軍の C.コールズ大佐で,1861年に試作ののち,62年に軍艦『ロイヤル・ソバレイン』をこの装置に改装した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐とう〔ハウタフ〕【砲塔】
軍艦や要塞などで、砲・砲手などを攻撃から防護するための、厚い鋼鉄製の囲い

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうとう【砲塔】
軍艦・戦車・要塞などで、砲手や砲台などを守るための鋼鉄の囲い。目標を捉えて旋回する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐とう ハウタフ【砲塔】
〘名〙 軍艦、要塞などで、大砲、砲手、砲架などを敵の攻撃から守るための鋼鉄のかこい。
※艦底(1912)〈荒畑寒村〉一「上甲板には〈略〉まだ砲塔も、艦橋も、欄干もなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砲塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砲塔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation