@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破棄【はき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

破棄
はき
reversal
事後審査 (原判決当否を審査すること) の裁判所が上訴に理由があると認め,原判決を取消すこと。破したあと,どう処理するかによって破棄差戻し破棄移送破棄自判の3つに分れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

は‐き【破棄/破毀】
[名](スル)
破り捨てること。「不要な資料を―する」
契約・取り決めなどを一方的に取り消すこと。
事後審査を行う上級裁判所が、上訴に理由があるとして原判決を取り消すこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はき【破棄】
上訴裁判所が原裁判を取り消して,その効力をないものとすることをいう。刑事訴訟上告および控訴裁判所では,破棄といい(刑事訴訟法397条,410条),民事訴訟上告裁判所でも,破棄といっているが(民事訴訟法325条),民事訴訟の控訴裁判所では,たんに〈取消し〉といっている(305条)。上訴裁判所は,原裁判を破棄(または,取消し)したあとは,次のいずれかの処置をとらなければならない。(1)事件についてみずから裁判すること(自判),(2)事件を原裁判所(または第一審裁判所)へ差し戻して,事件について再審理を行わせること(差戻し),(3)原裁判所(または第一審裁判所)が管轄権のない裁判所であるときは,事件を管轄権のある裁判所へ移送すること(刑事訴訟法399条,民事訴訟法309条)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

破棄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破棄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation