@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破綻【ハタン】

デジタル大辞泉

は‐たん【破綻】
[名](スル)
破れほころびること。
「処々―して、垢染(あかじみ)たる朝衣を」〈竜渓経国美談
物事が、修復しようがないほどうまく行かなくなること。行きづまること。「経営に破綻を来す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はたん【破綻】
スル
着物などがやぶれほころびること。 処々-して垢染みたる朝衣を穿ちたり/経国美談 竜渓
まとまっている状態が維持できなくなること。成り立たなくなること。 生活が-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

は‐たん【破綻】
〘名〙
① 縫い目などがやぶれること。やぶれこわれること。
※舎密開宗(1837‐47)内「其胞鳴て破し自燃て焱を為す」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「処々破綻して垢染(あかじみ)たる朝衣を穿ちたり」 〔方回‐登屋東山作詩〕
② 物事がうまくいかなくなること。それまでの互いの関係などがこわれてしまうこと。たちゆかなくなること。
※日本詩史(1771)四「観瀾有重名、而有此破綻何也」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「事の破綻に及びて」
③ 商店、会社などが支払い停止となること。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「大銀行が破綻したのか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破綻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破綻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation