@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破船【ハセン】

デジタル大辞泉

はせん【破船】[書名]
久米正雄小説。大正11年(1922)「主婦之友」誌に連載単行本は前後2巻で、同年前編、大正12年(1923)に後編出版

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐せん【破船】
難破した船。難破船
[補説]書名別項。→破船

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はせん【破船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

は‐せん【破船】
[1] 〘名〙 荒天・座礁または船体の不備、運航の誤りなどで船が壊れること。また、その船。近世の海事用語としては、船が使えなくなる程度に破壊された場合をいう。難破船。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・閑居述懐〈藤原周光〉「群羽遷来窮鳥老、千帆行尽破船沈」 〔魏志‐東沃沮伝〕
[2] 小説。久米正雄作。大正一一~一二年(一九二二‐二三)発表。恩師勝見漾石(ようせき)の娘冬子への恋に破れる小野とライバル杉浦の葛藤を描く。作者が夏目漱石の長女筆子に対して松岡譲と恋を争って破れた事件に基づく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破船の関連情報

関連キーワード

島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウソビエト連邦史(年表)宮嶋資夫ローマ進軍シスラー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation