@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破門【はもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

破門
はもん
一般には師弟の義を絶って門人中から除斥すること,あるいは信徒の資格を奪い宗門から除斥することをいう。キリスト教では,excommunicatioの訳語として使われる。カトリック教会法では「ある人を信者の交わり communioから追放する懲戒処分」と規定され,細別が論じられている。門には,信者の交わりからは除外されるが教会員として残りうる場合と,教会員としても除外される場合の2種があり,さらに強く教会より氏名を公表される場合もある。破門されたものは秘跡を受けること,教会で葬儀を行うことが禁じられる。プロテスタント教会でも当初礼典にあずかることを禁じる懲戒としてあったが,次第に除名放逐などに代っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

は‐もん【破門】
[名](スル)
師弟の関係を絶って門下から除くこと。「弟子を破門する」
信徒としての資格を剝奪(はくだつ)し、教会・宗門から除名・追放すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はもん【破門】
主としてユダヤ教やキリスト教において,信者を教会から除外追放して,さまざまな懲罰を科すこと。英語ではexcommunicationといい,文字どおり〈交わりcommunicationを断つex〉ことがその原義。一般に破門には〈小破門minor excommunication〉と〈大破門major excommunication〉とがあって,小破門は期限つきで救済処置がとられているが,大破門は他の信者とのいっさいの交通の禁止,現在のみならず来世にわたっての教会からの排除を意味した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はもん【破門】
スル
師弟の関係を絶って門弟を追放すること。 師から-される
信者を宗門から排斥すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

破門
はもん
excommunication
原語のexcommunication(ラテン語excommunicatio)は文字どおり「コミュニケーションの外にあること」、つまりcommunion(交わり)の停止、community(共同体)からの排除を意味する。通常宗教用語として使用され、信仰共同体からの除外、聖職者資格の剥奪(はくだつ)、宗教儀礼への参加禁止など、種々の形態がある。
 仏教の破門は、比丘(びく)・比丘尼(に)を教団・宗派から追放すること、あるいは師僧が弟子との師弟関係を断つことをさす。僧伽(そうぎゃ)からの永久追放は、淫行(いんこう)・窃盗(せっとう)・殺人など重大犯罪を犯した場合で、『戒本』に定められている。仏教では破門は教団統一の手段であるから、共同生活の持続や道徳的規準の堅持に重点が置かれ、個々の信仰内容の問題で破門に付されることはない。
 破門をめぐっては、キリスト教とくにローマ・カトリック教会の事例が代表的である。破門の精神はたとえば『コリント書I』(5章1~13)にあるように、元来懲戒的意味をもっている。カトリック教会では破門に関する教会法が制定され、初めは矯正的意味が強かったが、中世には法的処罰の性質が増し、大破門・小破門の区別が設けられた。現在はこの区別は廃されている。歴史上の事件としては、ドイツ王ハインリヒ4世の破門、宗教改革者ルターの破門などがある。プロテスタントでは『教会の戒規』による陪餐(ばいさん)停止が破門に該当する。[赤池憲昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

は‐もん【破門】
〘名〙
① 師が弟子に対して、その弟子であるという関係を断ち、門人の列から除くこと。門人を除名すること。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「向後はもん致て其元の弟子に成ませう」
② 信徒を宗門から除名すること。
※奉教人の死(1918)〈芥川龍之介〉一「『ろおれんぞ』が破門されると間もなく」
③ こわれた門。〔羅鄴‐送張逸人詩〕
④ 植物「からだいおう(唐大黄)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

破門
はもん
excommunication
ユダヤ教やキリスト教会の刑罰の1つで,信者を教会から除外追放するもの。一般的にはローマ−カトリック教会のものをさす
大破門と小破門があり,前者姦淫 (かんいん) のような大罪に対して行われ,キリスト教徒との交際や教会での埋葬を禁じ,その救済を否定した。後者は破門を宣告された者と交際した者に対する軽い罰で,サクラメントへの参加が認められない。赦免 (しやめん) は破門者の司教か教皇が行う。ローマ−カトリックが支配した中世ヨーロッパでは絶大な政治効果をあげたので,教皇は世俗君主との抗争の武器とし,イギリスのジョン王・ヘンリ8世やドイツのハインリヒ4世らと対決した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation