@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破風【はふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

破風
はふ
gable; barge-board
切妻造入母屋造屋根の妻の三角形の部分。また切妻屋根の棟木軒桁先端に取付けた合掌型の装飾 (破風板) をもいう。普通は凹曲線をなすが,途中が高くなった起 (むく) り破風,反転曲線から成る (から) 破風がある。また尾根面につけられた千鳥破風向拝など片流れの縋 (すがる) 破風などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

は‐ふ【破風/×搏風】
切妻(きりづま)造り入母屋(いりもや)造り側にある三角の部分。また、その斜め部分に打ち付けた板。形や位置によって、入母屋破風唐破風千鳥破風切妻破風などがある。破風板。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

破風
切妻や入母屋などにできる、妻側の三角形部分の造形。妻壁や破風板などを含む。寺院城郭建築などで昇華された。一般住宅の妻壁部分には、下見板張などの板壁モルタル、漆喰塗籠などの塗壁で仕上げられ、鼻母屋には破風板や化粧板金が付けられる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はふ【破風】
切妻造や入母屋(いりもや)造などの屋根の妻側(棟の端)において合掌形に付けられた板,あるいは,その板を組んだ部分をいう。搏風とも書き,甍(いらか)ともいわれる。
[日本]
 屋根の形式で分けると,切妻破風(切破風),入母屋破風のほか,屋根面の途中に棟を突き出して設けた(すえ)破風,向拝(こうはい)や(ひさし)のように茅負(かやおい)や隅木に取り付く縋(すがる)破風,の中央に設けられた軒唐(のきから)破風がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

破風
はふ

切妻(きりづま)造や入母屋(いりもや)造の屋根の両端の三角部分。搏風(はふ)とも書く。三角形の斜辺に相当するところにつく板を破風板とよび、その頂点を拝(おが)みと称する。破風板は妻の垂木(たるき)を隠すためにつけられた飾り板で、棟木の木口を隠すために拝みの下に取り付ける飾りを懸魚(げぎょ)、破風板の中ほどにあって、もやの木口を隠す飾りを降懸魚(くだりげぎょ)という。屋根の流れの中間にあけられた三角部分は据(すえ)破風または千鳥(ちどり)破風ともいう。屋根の流れの先端からさらに庇(ひさし)を出したときの妻の部分は縋(すがる)破風とよばれる。破風の形には、直線的な直(すぐ)破風、両端が反り上がる反(そり)破風、中間が上向きに曲がる起(むく)り破風があり、玄関など入口によくみられる反転する形の破風は、とくに唐(から)破風という。

[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation