@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破骨細胞【はこつさいぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

破骨細胞
はこつさいぼう
osteoclast
正常の骨形成の際に破壊吸収を行う大型の細胞で,多数を含んでいる。髄腔内の骨質に接してみられる。その起源については不明の点もあるが,造骨系の細胞か,血管系の細胞に由来すると考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はこつ‐さいぼう〔‐サイバウ〕【破骨細胞】
骨の内側の骨梁の表面にあり、古くなった骨を吸収する働きをもつ細胞。新しい骨をつくる骨芽細胞とともに、骨組織発達代謝に重要な役割を果たす。破骨細胞の機能亢進や、骨芽細胞とのバランスの崩れが骨粗しょう症などの骨疾患の原因とされ、治療・緩和薬開発に向けてメカニズム機能解明が進められている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

破骨細胞
 骨組織を溶解して吸収していく機能を有し,骨の再吸収に寄与する.副甲状腺ホルモン活性化し,カルシトニンが活性を抑制する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はこつさいぼう【破骨細胞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はこつさいぼう【破骨細胞】
骨の破壊に関与する細胞。骨を溶解させ、血液中にカルシウムなどを供給する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

破骨細胞
はこつさいぼう
osteoclast
骨を破壊して吸収する骨吸収能をもつ細胞。血液細胞(単球)から分化するとされ、核を十数個~100個程度もつ直径20~100マイクロメートルに及ぶ巨細胞で、自ら骨を破壊し吸収してできた骨表面の凹み(侵食窩(か)、ハウシップ窩)にしばしば存在する。骨は骨形成(新生)と同時に骨破壊および骨吸収(消化)を繰り返している。すなわちつくられることと壊されることが同時に行われ、再生される。このうちの骨の形成を担っているのが骨芽細胞であり、骨の破壊や過剰または古くなった骨の消化など骨吸収能をもつのが破骨細胞である。この二つの細胞は互いに作用しあうことによって形成と吸収のバランスを保ち、骨成長にかかわる重要な役割を担っている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破骨細胞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破骨細胞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation