@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

破魔弓【はまゆみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

破魔弓
はまゆみ
とも書く。魔障を払い除く信仰から用いる弓。ハマとは,わらやかずら製の円盤のことで,それを的に小さな弓矢で射とめる競技が,古く全国的に行われた。破魔弓は,平安時代には桃の木でつくられた。のち江戸時代になると,細長い板に弓を飾りつけ,その下に押し絵の戦 (いくさ) 人形を貼り,正月男児前途を祝う贈り物となった。この習俗は,特に九州の離島などで行われた。現在では,水引などで弓矢を装飾して箱に納めたものが多く,また幸運を射止めるのから,破魔矢神社で初詣での人々に縁起ものとして分ける風習も盛んである。さらに棟上げ式に,破魔矢とともに屋根に立てる2本の弓形の飾りのことも破魔弓という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はま‐ゆみ【破魔弓/浜弓】
破魔を射止めるための年占または遊戯用の弓。のち、男児への正月の贈り物ともなり、現在は神社で正月の縁起物として売る。 新年》「―や山びこつくる子のたむろ/蛇笏
新築の家の上棟式に、鬼門方角に向けて破魔矢とともにの上に二つ立てる弓形のもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はまゆみ【破魔弓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

破魔弓
はまゆみ

魔障を払い除くという神事用の弓のこと。元来はハマとよぶ神占(かみうら)に起源のあることば。破魔矢とともに正月の年占(としうら)を行う競技具。現在でも神事として残っている所もあるが、遊戯として分布している地域は広い。直径20センチメートル、厚さ2~3センチメートルの板、竹やつる草を輪にしたもの、藁(わら)を円座のように円く編んだものなどを、空中に投げ上げ、また地上を転がしたりして、そこを矢をもって射たり突いたりするので、その成否が卜占(ぼくせん)ともなり、また遊戯となった場合には勝負となるわけである。男児の初正月に細長い板に弓矢を飾り付け、その下に押し絵を貼(は)ったものを祝い品として贈り物とするハマユミや、初詣(はつもう)でに開運の縁起を祝って神社から授けられるハマヤ、また新築の際の上棟式に鬼門の方角に向けて棟の上に立てる弓矢もハマユミ、ハマヤとよぶようになったことは、もともと当て字であった「破魔」の字が、この傾向を助長したと考えられる。

[高野 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破魔弓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破魔弓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation