@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硝酸ウラニル【しょうさんウラニル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硝酸ウラニル
しょうさんウラニル
uranyl nitrate
化学式 UO2(NO3)2 。6水和物は柱状板状の黄色結晶。砕いたり,こすったりすると著しい摩擦発光を示し,ときに爆発を起す。融点 60℃。水,アルコールエーテルに易溶。水溶液は酸性を呈する。エーテル溶液を太陽光にさらしたまま放置すると爆発を起すことがある。写真用補力液,陶磁器着色剤,分析用試薬などに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうさんウラニル【硝酸ウラニル uranyl nitrate】
化学式UO2(NO3)2。UO2(NO3)2・6H2Oの6水和物が最も普通であり,ほかに無水和物,1,2,3水和物が知られている。6水和物は市販品がある。UO3またはU3O8を硝酸に溶かして濃縮すると,黄色斜方晶系柱状または板状晶の6水和物が得られる。構造は,O-U-Oに対し垂直な面内に二つのNO3がキレートし,二つのH2Oが配位した六方双錐形の錯体をもつ[UO2(NO3)2(H2O)2]・4H2Oである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

硝酸ウラニル
しょうさんうらにる
uranyl nitrate

ウラン(Ⅵ)に酸化物イオン(オキシド配位子)2個が配位して生成するジオキシドウラン(Ⅵ)、別名ジオキシドウラン(1+)イオンUO2+の硝酸塩。組成式はUO2(NO3)2、式量394.09。ウラニルはUO2+イオンの慣用名であり、正式名称ではない。無水和物のほかに一、二、三、六水和物があり、六水和物が代表的な六価ウランの塩である。六水和物は黄色柱状または板状結晶で黄緑色の強い蛍光を呈する。60.2℃で自身の結晶水に溶ける。医薬、ガラス工業、写真工業などに用いる。

[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

硝酸ウラニル
ショウサンウラニル
uranyl nitrate

UO2(NO3)2(394.04).硝酸に酸化ウラン(Ⅵ)または八酸化三ウランを溶解し,濃縮すると六水和物が得られる.式量502.1.そのほか,無水および一,二,三水和物が知られている.六水和物は黄色の結晶で黄緑色の強い蛍光を発する.融点60.2 ℃,沸点118 ℃.密度2.807 g cm-3(13 ℃).構造はO-U-O軸に垂直な面内に二つの硝酸イオンと二つの水分子が配位しており,[UO2(NO3)2(H2O)2]・4H2Oと書くこともできる.水に対する溶解度は無水物として54.4 g/100 g 水(20 ℃).エーテル,アセトン,エタノールなどに可溶.湿った空気中では潮解し,60.2 ℃ で融解して黄色の液体になる.黄緑色の蛍光を発する.エーテルを含む溶液から得られた硝酸ウラニルは,自然にあるいは機械的刺激や熱によって爆発する.イエローケーキから出発するウラン燃料製造過程の中間物.かつては,医薬,窯業(うわぐすり),ガラス着色などに用いられた.毒劇法劇物指定,経口摂取・吸入により毒性.[CAS 10102-06-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硝酸ウラニル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硝酸ウラニルの関連情報

関連キーワード

硝酸水銀アンダーソン石ウラン化合物酸化ウラン硝酸鉄ヨウ素塩ニトラト錯体

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation