@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硨磲貝【シャコガイ】

デジタル大辞泉

しゃこ‐がい〔‐がひ〕【××磲貝】
シャコガイ科の二枚貝の総称貝殻は一般に大きく、二枚貝中最大のオオジャコガイ長1メートル、重さ200キロ以上に達する。殻は扇形で、波状に湾曲する。珊瑚礁にすみ、外套膜(がいとうまく)の間に微小な藻類を共生させているので体色は藻類によって変化する。肉は食用、殻は水盤・置物などにされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

硨磲貝 (シャコガイ)
動物。シャコガイ科に属する二枚貝の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃこ‐がい ‥がひ【硨磲貝】
〘名〙 =しゃこ(硨磲)
※旅‐昭和一八年(1943)終刊号・貝から見た南方国〈高槻俊一〉「シャコ貝(ガヒ)は世界中で一番大きな暖海性の貝類で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硨磲貝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硨磲貝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation