@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硫酸カリウム【りゅうさんカリウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硫酸カリウム
りゅうさんカリウム
potassium sulfate
化学式 K2SO4無色結晶。空気中では安定。比重 2.66,融点 1067℃。水に可溶,アルコールに不溶。カリ肥料として重要であるが,塩化カリウムに比べて高価である。しかし肥料用としては吸湿性その他の関係から,本塩が歓迎されている。その他カリミョウバン炭酸カリウムガラスなどの製造に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうさん‐カリウム〔リウサン‐〕【硫酸カリウム】
カリウム硫酸塩。無色の結晶。カリ肥料・ガラス・明礬(みょうばん)原料化学式K2SO4

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうさんカリウム【硫酸カリウム potassium sulfate】
化学式K2SO4。天然にアルカナイトarcaniteとして産する。そのほかカイナイト,ピクロメライト,ポリハライト,ラングバイナイト,レオナイトなどの複硫酸塩として岩塩鉱床中に見いだされる。無色斜方晶系結晶(β形),SO42-は正四面体で,S―O原子間距離1.50Å。588℃以上では六方晶系のα形となる。融点1069℃,沸点1689℃。比重2.662。水100gに対する溶解度7.35g(0℃),24.1g(100℃)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

硫酸カリウム
りゅうさんかりうむ
potassium sulfate

硫酸のカリウム塩。硫酸カリともいう。天然にはアルカナイトとして産出する。工業的には、カイナイトMgSO4・KCl・3H2O、ピクロメライトMgSO4・K2SO4・6H2O、キーゼライトMgSO4・H2Oなどの水溶液に塩化カリウムを加え、蒸発濃縮によって分離する方法で製造される。精製するには水から再結晶する。無色の結晶。結晶には二つの変態があり、斜方晶系は低温型で、587℃で六方晶系の高温型に転移する。水には溶けるがアルコール、アセトン、二硫化炭素などには溶けない。カリウムミョウバンや臭化カリウムなどカリウム化合物の製造原料となるほか、ガラス工業の原料、医薬品などの用途があるが、カリ肥料としても重要なものである。ほとんど無臭で、各種の肥料と配合することができる。肥効は速効性で、硫安、過リン酸などとともに基肥となる。

[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうさん‐カリウム リウサン‥【硫酸カリウム】
〘名〙 (カリウムはKalium) カリウムの硫酸塩。化学式 K2SO4 無色・無臭の堅い結晶。速効性のカリ肥料とするほか、明礬(みょうばん)・ガラス・医薬品の製造に用いる。硫酸カリ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

硫酸カリウム
リュウサンカリウム
potassium sulfate

K2SO4(174.26).天然にはカイナイト,硫酸苦土カリ石などの複硫酸塩として産出する.塩化カリウムと濃硫酸とを熱して得られる.無色の斜方晶系結晶.密度2.66 g cm-3.融点1069 ℃,沸点1689 ℃.水100 g に対する溶解度は7.35 g(0 ℃),24.1 g(100 ℃).エタノール,アセトン,二硫化炭素に不溶.カリウムミョウバン,ガラス工業の原料,カリ肥料,分析試薬,食品添加物,医薬品として用いられる.[CAS 7778-80-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸カリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硫酸カリウムの関連情報

関連キーワード

バナジウム触媒カリ資源接触式硫酸製造法カリミョウバン(明礬)同形律複塩焼ミョウバン(明礬)共沈

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation