@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硫酸ミスト【りゅうさんミスト】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硫酸ミスト
りゅうさんミスト
sulfuric acid mist
大気中に浮遊する硫酸 H2SO4ミスト粒径1~10μm程度で,3μm以下が多いとされる。大気中の亜硫酸ガス SO2 が,紫外線により光化学的合成を起して無水硫酸 SO3 となり,水蒸気と結合する場合,あるいは SO2水滴に吸収されて生成する場合がある。硫酸ミストは大気の湿度が高いときに生成されやすく,生体に対しては亜硫酸ガスよりはるかに影響が強い。人のに容易に侵入して,気管支肺胞を刺激し,毒性が高いと警戒されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうさん‐ミスト〔リウサン‐〕【硫酸ミスト】
大気中に含まれる霧状の硫酸工場排煙に含まれる二酸化硫黄が酸化されて生じるほかディーゼルエンジン排気ガスなどに含まれる。光化学スモッグ酸性雨の原因となる大気汚染物質の一つ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうさんみすと【硫酸ミスト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうさんミスト【硫酸ミスト】
霧状になった硫酸、または硫酸を含む水滴などの微粒子が、大気中に浮遊したもの。酸性雨の原因の一つと考えられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

硫酸ミスト
りゅうさんみすと
sulfuric acid mist
硫酸が霧状になって大気中に拡散したもので、大気汚染物質の一つ。工場からの排煙に含まれる二酸化硫黄(いおう)などが酸化され、水分を吸収して生じ、また硫酸製造、金属表面処理、蓄電池製造、肥料製造、めっきその他など各種の製造過程あるいはディーゼルエンジンの排気ガスで発生し、微細な粉塵(ふんじん)粒子の表面に吸着され、大気中に浮遊して霧状になったものである。光化学スモッグの原因物質で、目やのどを刺激し、吸入すると呼吸器粘膜の炎症、カタル、肺炎などをおこす。0.5ppmで刺激を感じ、10ppmで耐えにくい。また酸性雨の原因の一つとなっている。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸ミスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硫酸ミストの関連情報

関連キーワード

硝酸式硫酸製造法硫酸酸性二硫酸硫酸チオ酸発煙硫酸ヨウ素の製造硫安硫酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation