@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硫酸塩泉【りゅうさんえんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硫酸塩泉
りゅうさんえんせん
sulfate spring
イオンとして硫酸イオン陽イオンとしてナトリウムイオン,カルシウムイオン,マグネシウムイオンを主成分とする鉱泉。それらの種類により芒硝泉石膏泉,正苦味泉などと呼ばれる。飯坂 (福島県) は芒硝泉,熱海 (静岡県) は石膏泉で,正苦味泉は日本にほとんどみられない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうさんえん‐せん〔リウサンエン‐〕【硫酸塩泉】
泉質の一。硫酸イオンを主成分とする温泉。共存するイオンの種類によりナトリウム硫酸塩泉・カルシウム硫酸塩泉などに分けられる。動脈硬化に効くとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

硫酸塩泉
りゅうさんえんせん

温鉱泉1キログラム中に溶存固形物1グラム以上で、その陰イオンの主成分が硫酸イオンの温泉。共存する陽イオンがNa+(+1価のナトリウムイオン)ならナトリウム硫酸塩泉(芒硝(ぼうしょう)泉)、Ca2+(+2価のカルシウムイオン)ならカルシウム硫酸塩泉(石膏(せっこう)泉)、Mg2+(+2価のマグネシウムイオン)ならマグネシウム硫酸塩泉(正苦味(しょうくみ)泉)という。酸性の硫酸塩泉は、鉄、アルミニウムを含みアルミニウム硫酸塩泉(明礬(みょうばん)泉)や鉄(Ⅱ)硫酸塩泉(緑礬泉)となる。日本の火山地域にはマグネシウムMg2+が主成分のものはほとんどない。硫酸塩泉は、ナトリウム硫酸塩泉、カルシウム硫酸塩泉が多くこれらは日本の温泉のそれぞれ3%程度を占める。塩化物を含む場合は、名称の最後に「塩化物」をつけ、「カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉」などとなる。ナトリウム硫酸塩泉は島根県の玉造(たまつくり)温泉、カルシウム硫酸塩泉は群馬県の水上(みなかみ)温泉などが知られる。

[綿抜邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸塩泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硫酸塩泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation