@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硫黄細菌【いおうさいきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硫黄細菌
いおうさいきん
sulfur bacteria
硫黄および無機硫黄化合物を酸化,または還元して得られたエネルギーで生活する細菌類総称。真正細菌類のチオバクテリウム科に属するもので,Thiobacteriaとも称する ThiobacteriumThiobacillusThiospiraなどがおもな属である。チオバクテリウム Thiobacteriumには海水にいるもの,一般の土壌にいるものなどがあり,桿菌で非運動性である。チオバチルス Thiobacillusは水中または土中におり,小さな桿菌で非運動性または一端に鞭毛を有して泳ぐ。チオスピラ Thiospiraはやや曲った桿菌で両端がややとがり,鞭毛をもって泳ぐ。ベッギアトア Beggiatoaは大きく,下水溝などに肉眼でも認められるような糸状体をつくる。チオスリックス Thiothrixもまた糸状で,硫化水素の存在する水中にすみ,細胞内に硫黄粒を形成する。このほか有色バクテリア中のクロロビウム Chlorobiumは沼水に生育し,嫌気的に硫黄化合物を水素受容体として光合成するので,硫黄細のなかに入れられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いおう‐さいきん〔いわう‐〕【硫黄細菌】
化学合成を行う細菌で、硫化水素などを酸化して硫黄硫酸を生じる。光合成を行う紅色硫黄細菌緑色硫黄細菌などを含めていうこともある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いおうさいきん【硫黄細菌 sulfur bacteria】
硫黄あるいは無機硫黄化合物を酸化する細菌。亜硝酸菌などと同様,無機物を基質として好気呼吸をおこなう独立栄養細菌の仲間で,硫黄の酸化を化学的暗反応によりおこなう菌のうち,代表的なものは無色硫黄細菌のチオバチルスThiobacillusである。これはグラム陰性菌で極性鞭毛によって運動する。28~30℃で最もよく発育し,酸性を好むものから弱アルカリ性を好むものまで発育pHの幅は広い。海水,海泥,淡水,汚泥そのほか硫黄化合物の多いところにみられ,硫化水素(硫化物),固体硫黄,亜硫酸塩チオ硫酸塩,ポリチオン酸塩などを基質として酸化している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

硫黄細菌
いおうさいきん

硫黄バクテリアsulfur bacteriaともいう。元素状硫黄および無機硫黄化合物を酸化する細菌、またはこの酸化反応によって炭酸同化を営み、化学合成ならびに光合成の独立栄養にて生活する細菌の総称である。硫黄細菌は、各種の硫黄化合物に富んだ環境に分布する。分類学上からみると、いろいろな分類群に属するものがある。ベジアトア科の細菌、キトファーガ科のチオトリックス属Thiothrixの細菌、チオバクテリア科の細菌、紅色細菌科に属する細菌などが含まれる。ベジアトア科の細菌は無色、繊維性で、藍藻(らんそう)に似た滑走細菌の群で、ベジアトア属Beggiatoa、ビトレオシラ属Vitreoscilla、チオプロカ属Thioplocaの3属がある。チオトリックス属は大形の糸状性の細菌である。チオバクテリア科の細菌は通常単細胞で小形のものが多く、鞭毛(べんもう)を有する桿菌(かんきん)チオバチルス属Thiobacillusや、運動性のない桿菌チオバクテリウム属Thiobacteriumなど6属がある。紅色細菌科は光合成細菌の群であり、バクテリオクロロフィルをもち、紅色や緑色を呈する多くの属が含まれている。

 ビトレオシラ属を除くベジアトア科の細菌やチオトリックス属の細菌は、元素状硫黄を細胞内に多量に沈着する。これらの細菌は、硫化水素を酸化して元素硫黄とし、貯蔵された硫黄はさらに硫酸に酸化される。一方、チオバクテリア科の細菌には、硫化水素から硫黄を細胞内に沈着するもの、硝酸塩の酸化系として、硫黄またはチオ硫酸塩の酸化を行い、遊離窒素を放出するもの、チオ硫酸塩などの酸化によって硫酸をつくるものなどがある。光合成細菌は光合成によって酸素を放出するかわりに硫黄化合物の酸化を行う。

 硫黄細菌のなかで純粋培養されるものは少ないが、チオバチルス属はチオ硫酸を加えた無機培養基で成功している。

[曽根田正己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いおう‐さいきん いわう‥【硫黄細菌】
〘名〙 硫黄および無機硫黄化合物を酸化して生活する細菌の総称。主として温泉や土壌中などに生育する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

硫黄細菌
イオウサイキン
sulfur bacteria

硫化水素,硫黄,チオ硫酸などの無機硫黄化合物を酸化し,生存に必要なエネルギー(ATP)を得ている微生物.無色硫黄細菌であるThiobacillus(グラム陰性桿(かん)菌)が代表例である.光合成細菌Chromatiumも硫化水素を酸化する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫黄細菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硫黄細菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation