@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硬セッコウ【コウセッコウ】

化学辞典 第2版

硬セッコウ
コウセッコウ
anhydrite

鉱物名で硫酸塩鉱物の一種.化学的には硫酸カルシウム無水物のことであり,無水セッコウ,焼殺セッコウ(dead burnt gypsum)ともいう.セッコウ(CaSO4・2H2O,gypsum)を130 ℃ に加熱して得られる0.5水和物(CaSO4・0.5H2O)を焼きセッコウ(plaster of Paris)といい,200 ℃ まで加熱して無水物としたもの(γ-CaSO4)が硬セッコウである.焼きセッコウは水で練ると発熱してもとのセッコウに戻り硬化するが,硬セッコウは水硬性がなく,水で練ってもセッコウに戻らない.セッコウは吸熱脱水と水蒸気の発生で火力を弱めるので,しっくいとして防火材に使えるが,硬セッコウは無水物であるのでこれには使えない.白墨(チョーク)に利用される.[CAS 7778-18-9:CaSO4][CAS 10101-41-4:CaSO4・2H2O][CAS 10034-76-1:CaSO4・0.5H2O]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬セッコウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硬セッコウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation