@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硬派【コウハ】

デジタル大辞泉

こう‐は〔カウ‐〕【硬派】
自分たちの意見や主義を強く主張し押し通そうとする一派。強硬派。「硬派の意見に押される」⇔軟派
女性と交際したり服装に気をつかったりすることを軟弱とみなして反発し、ことさらに腕力や男らしさを強調する態度。また、そのような青年や、一派。「硬派で鳴らす」⇔軟派
新聞・雑誌などで、文芸や芸能関係の記事に対して、政治・経済関係の記事。また、その記者。さらに、広く放送・出版などで、かたくまじめな内容や姿勢にいう。「硬派の雑誌」「硬派の出版社」⇔軟派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうは【硬派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐は カウ‥【硬派】
〘名〙
① 自分の意見や主義、信念を強く主張し、貫こうとする傾向の人々。強硬派。
※東京日日新聞‐明治二四年(1891)三月一四日「彼の予算問題に硬派が陸海軍省所管の経費査定案を半日に決議し去り」
② 女性との交遊、華美な服装などを柔弱であるとして反発し、理想や主義主張、男らしさに価値を置く人々。特に、とかく腕力に訴えたがる青少年の一派。⇔軟派
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「その頃の生徒仲間には軟派と硬派とがあった」
③ 広告業界で、鉄、セメント、石油、電気、重工業などをいう。
④ 取引市場で、相場がもっと上がると予想し、買い手に回る人々。強気筋。⇔軟派
※国民新聞‐明治三〇年(1897)一月六日「昨今の株式が斯く低落を来すは、硬派が投出せるに因ると雖も」
⑤ 新聞記者仲間で、政治、経済などの記事を扱う者。⇔軟派
※風俗画報‐二二八号(1901)日出新聞社「本社の職員は社長の外編輯員四十名にして、内硬派を十七名とし軟派を十六名とす」
[語誌]→「軟派(なんぱ)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硬派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation